2014年05月

2014年05月12日

市場価値データバンク

市場価値データバンクは、150社50万人以上の方が受検された
市場価値測定テスト(MVA)のデータをもとに、各業態・業種・
企業などの人材のビジネス能力をレポートしたものです。

※市場価値測定テスト
市 場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能 力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております(各能力については100点 満点)。現在、MVAをご利用になられた方は50万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして日本を代表するリーディングカンパニーを中心に高い評価を得ております。
MVAに関する説明は
こちら

------------------------------------------------

今日のトピックは、

真の失業率の原因とは!

------------------------------------------------

ミスマッチ解消険しく  

 「やっぱりやめます」。都内の介護事業者は3月末、採用を内定した30代男性に土壇場で断られた。「収入が良い他の業種に流れたのでしょう」。担当者はあきらめ顔だ。

 2月の完全失業率は3.6%。失業率は、景気が悪く仕事がないために起こる「景気要因」と、働く人の希望と企業の求人が異なる「ミスマッチ要因」に分けられる。

 ニッセイ基礎研究所によると、景気要因の失業は0.1%まで低下した。1993年の水準まで下がっており、需要不足で職にありつけない状況はほぼ解消した。業種をまたぐ人材の奪い合いも起きやすくなる。一方、ミスマッチ要因の失業率は3.5%。景気との連動性が小さい分、解消への道のりは難しい。

 人手不足が深刻な介護分野は、「低賃金・重労働」の壁が厚い。月給は全産業平均で32.6万円だが、介護職員は21.8万円。通常の労働市場なら、人手が集まらなければ賃金が上がる。だが、国費も投入する介護業は賃金の変動を通じた需要調整が進みにくい。財政賃金に限りがあるなか、打開策は何か。賃金分配の原資を増やすためにも、介護業の経営のあり方と生産性向上の余地を点検する必要性が高まっている。

                             (日本経済新聞 428日 朝刊3面より抜粋)





記事にもありましたように現在、失業率・離職率が問題視されており、景気が悪く仕事がないために起こる「景気要因」は0.1%に減ったものの、雇用のミスマッチ要因は3.5%存在している状況です。現在、ベンチャーという言葉をよく耳にするように、中小企業の中でもベンチャー企業が伸びてきているにもかかわらず、安定志向の若者が増加していることによる大企業志望が多くなっています。

ベンチャー企業とは、独自の技術や製品によって急成長していく企業のことです。

現在、情報化社会の急速な進展により通信関連でのベンチャー企業が増えており、有望なベンチャー企業に出資する個人投資家も増加してきています。

 


では、ベンチャー企業のビジネス能力は高いのでしょうか。


1











 上図は、累積
50万人以上が受検されている仕事力を可視化する「市場価値測定テスト」をベースに、中小企業とベンチャー企業のそれぞれのビジネス基礎能力の平均値と、全国のビジネスパーソンのビジネス基礎能力の平均値を比較したものです。このテスト結果から企業の「社員力」が分かります。

グラフを見て分かりますように、ベンチャー企業は異文化適応能力を除いて全ての能力が全国のビジネスパーソン平均を上回っています。つまり、ベンチャー企業の「社員力」は高いことが言えます。「社員力」全体は、それぞれの能力100点満点の合計により1000点満点で表されます。1000点満点での合計点を比較してみますと、中小企業は約450点、大企業は約520点、ベンチャー企業は約580点となっています。このことから、ベンチャー企業の「社員力」は大企業よりも平均値が高いことが分かります。

 


現在、大企業と言われている企業も、始めはベンチャー企業でした。今は小さな企業でも、今後大企業に成り得るベンチャー企業はあります。これらを踏まえ、若者の大企業志望が強い傾向から、ベンチャー企業にも興味が湧くような流れをベンチャー経営者や政府や大学等の教育機関が一丸となって作るべきでしょう。この仕組みが確立すれば、雇用のミスマッチが軽減されるのではないでしょうか。

 


 


 


※データ標本数:11520

※このデータは標本より一部を抽出したものです。あくまで参考値としてご覧ください。

 


(執筆者:望月)

------------------------------------------------------

あなたの市場価値はどれぐらい?
テスト受検希望者はこちら

転職希望者必見!
MVAによる最適な転職支援サイト「日本人財銀行」はこちら

経営者・人材開発責任者の方へ
ミスマッチのない有能な人材をご紹介いたします
詳しくはこちら

------------------------------------------------------



藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)トラックバック(0) |

2014年05月05日

市場価値データバンク

市場価値データバンクは、150社50万人以上の方が受検された
市場価値測定テスト(MVA)のデータをもとに、各業態・業種・
企業などの人材のビジネス能力をレポートしたものです。

※市場価値測定テスト
市 場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能 力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております(各能力については100点 満点)。現在、MVAをご利用になられた方は50万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして日本を代表するリーディングカンパニーを中心に高い評価を得ております。
MVAに関する説明は
こちら

------------------------------------------------

今日のトピックは、

~リーダーに求められる能力とその高め方~

------------------------------------------------

ルノー株主総会 ゴーンCEO再任 任期4年、後継者育成課題  

 フランスの自動車大手ルノーは30日、株主総会を開き、人気を迎えたカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)の取締役再任が承認された。ゴーン氏はCEOとして新たに4年間、ルノーの舵取りを担うが、過去4年間とは異なり、取り巻く環境は厳しい。ルノーの業績改善や日産自動車との関係、後継者育成など課題は目白押しだ。

 ルノーは日産の43.4%の株式を保有する一方、日産はルノーの15%を持つ。ルノーは日産の利益貢献で連結最終損益の黒字を保っている状態。ルノーと日産は41日付で生産や研究開発などの主要4部門の統合を深める体制に移った。

 今後4年間は一段の相乗効果を出してルノーの業績回復につなげられるかが問われる。ルノーと日産を合わせた自動車販売は世界で4位。ゴーン氏は総会で「連合として世界トップ3に入る自動車会社を目指すと表明した。

 2005年にルノーのCEOに就いたゴーン氏にとって3期目の今回が最後になる可能性が高い。ルノー、日産ともナンバー2のポストであるCOO(最高執行責任者)職を廃止し、ゴーン氏のワンマン職は強まっている。ルノーの社内からも「ゴーン氏の後継者候補は今は見当たらない」との声が漏れる。自らの剛腕を引き継げる人材を探し出せるかどうかがゴーン氏の最重要の仕事になる。

               (日本経済新聞 51日 朝刊15面より抜粋・編集)




上記の記事に登場するカルロス・ゴーン氏は世界のトップリーダーの一人です。カリスマ的なリーダーは稀有な存在である為、後継者選びも難しくなります。

アップルのスティーブ・ジョブズ氏、ソフトバンクの孫正義氏、ファーストリテイリングの柳井正氏など、日本内外には多くの優れたリーダーがいます。このようなリーダー達に共通するものは何でしょうか。

それは明確なビジョンとリーダーシップです。世界の優れたリーダーたちは想像力を駆使し、近未来の目的地・理想像を描き、そこに辿り着くための道筋とその中で自分が執るべきリーダーシップを明確にしています。ビジョンは戦略的行動の推進力であり、リーダーシップはチームを引っ張っていく統率力です。この両者が揃う事で優れたリーダーに近づけるのです

 

近年のビジョン概念化能力とリーダーシップ能力の推移を見てみましょう。

 1


 











 このように
ビジョン概念化能力とリーダーシップ能力共に頭打ちになっています。この現状を改善するために、日常的に行えることを示しましょう。

 まずはビジョン概念化能力の向上に向け、3つの方法を提案します。1.目標となる人物を持つこと、2.10年後の世界をイメージすること、3.計画を立てるときにその目的と目的の本質を考えることです。目標となる人物を持つ事で、その人物の言動をよく観察し自分に足りない要素を発見することが出来ます。また、未来のイメージを持つ事で現在とのギャップをいかに埋めていくのかを考えていく機会を持てます。そして、計画を立てるときに目指すものを明確にすることで、目標から乖離することを防げます。このようなことを日常的に意識することで、自分の中のビジョンを明確にしていくことが出来ます。

 次に、リーダーシップ能力の向上に向けての提案です。こちらも3つの方法を提案します。1.ビジョンをグループメンバーに理解させ共感を得ること、2.目標を達成した時の喜びをイメージさせること、3.先を見て問題の芽を摘むことです。ビジョンを共有化することで、メンバーが自分で考え行動することが出来ます。目標を達成した時のイメージが明確になることで、モチベーションを上げて作業に取り掛かることができます。問題を早期発見できれば、修正に掛かる時間も節約でき、より完成度の高い成果を出すことができます。

 この2つの能力を上げる方法は様々です。今回提案した方法を参考に、どのようにすれば向上するのかを考え、実行してみてはいかがでしょうか。自分の頭で考え、実際に行動することは能力向上の第一歩になります。

  


※データ標本数:5297名

※このデータは標本より一部を抽出したものです。あくまで参考値としてご覧ください。


(執筆者:千原)

------------------------------------------------------

あなたの市場価値はどれぐらい?
テスト受検希望者はこちら

転職希望者必見!
MVAによる最適な転職支援サイト「日本人財銀行」はこちら

経営者・人材開発責任者の方へ
ミスマッチのない有能な人材をご紹介いたします
詳しくはこちら

------------------------------------------------------



藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)トラックバック(0) |
■Links■
企業変革創造
市場価値測定研究所
日本人材銀行
All About
留学協会
■記事検索■
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: