2014年12月

2014年12月15日

市場価値データバンク

市場価値データバンクは、150社50万人以上の方が受検された
市場価値測定テスト(MVA)のデータをもとに、各業態・業種・
企業などの人材のビジネス能力をレポートしたものです。

※市場価値測定テスト
市 場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能 力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております(各能力については100点 満点)。現在、MVAをご利用になられた方は50万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして日本を代表するリーディングカンパニーを中心に高い評価を得ております。
MVAに関する説明は

 

有力大学も教養教育拡充 グローバル人材育成

 

多様な知識・技能が求められるグローバル人材の育成が課題となる中、個別の大学でも教養教育を重視する動きが加速している。

大学設置基準では戦後、各分野の「専門教育科目」とは別に、教養教育を行う「一般教育科目」の解説を各大学に義務付けていた。ただ1991年、自由にカリキュラムが設計できるよう科目区分が撤廃されると、多くの大学が専門教育を重視し教養科目が減少した。

こうした傾向を受け、大学審議会(当時)は98年に「教養教育が軽視されているのではないかとの危惧がある」と指摘その後中央教育審議会も教養教育を充実させるように度々提言してきたことに加え、豊かな教養を備えた人材を求める声が産業界からも高まり、各大学で見直しが進んでいる。

東京工業大は2011年に哲学や文化人類学、現代アートなど約20の文系科目を新たに開講。京都大学でも13年、教養教育の内容を検討する「国際高等教育院」を新設した。早稲田大学は文章作成や数学などの教養科目を担当する「グローバルエデュケーションセンター」を設けている。


小規模大学が連携 教養科目が多彩に

 人文科学や自然科学など幅広い見識を身に付ける教養教育を巡り、複数の大学が連携して共通の教養科目を設ける動きが出てきた。教養教育の担当教員が少ない小規模大や単科大でも、それぞれの強みを生かした多様な科目を開設できる利点がある。少子化に伴い、大学間の学生獲得競争が激しくなるなか、コストを抑えながら大規模大学に対抗する狙いもあるようだ。

             (日本経済新聞 1120日 朝刊31面より抜粋・編集)

 

上記の記事からも分かるように、規模の大小を問わず様々な大学が教養教育に力を入れようとしています。企業も豊かな教養を備えた人材を求めています。これを聞いて疑問を覚える方もいるのではないでしょうか?「企業は専門性が高い人材を求めていたのではないのか」と。

もちろん、現在においても専門性の重要性は薄れてはいません。変化のスピードが速いグローバルビジネスの世界で高い専門性は欠かすことができないものです。しかし同時に、教養もかかすことができないものになっているのです。なぜなら、グローバルで活躍するためには、専門外のものに対する知識も必要とされるからです。

では、日本人のビジネス基礎能力平均点をみてみましょう。ビジネス基礎能力とは、ビジネスパーソンが働く上で土台となる能力のことを指します。

1




 


 

 


上図からも分かる通り、10年前の2004年から比べ、近年のビジネス基礎能力は30点以上低位に留まっています。1000点満点であることを考えても、この得点の低下は見逃すことができません。

次に、ビジネス基礎能力の10の項目のから異文化適応に注目してみてみましょう。異文化適応能力とは交渉相手の宗教や文化を理解する能力です。


2











このように、異文化適応能力が低位ながらも
2010年より上昇傾向にあることが分かります。異文化適応能力はグローバルに活躍する人材にとって欠かすことのできない能力でありながら、日本人が長年ボトルネックにしてきた能力です。

なぜこの能力が上がってきたのでしょうか?様々な要因が考えられますが、その一端に社会的に「教養の大切さ」が見直され、自分の専門外の知識に触れる機会が増えたことがあります。今まで手を伸ばすことがなかった本を読んでみる、自分と違う環境にいる友人と食事を採るなど、簡単なことでも視野を広げて異文化を理解する下地に繋がっているのではないでしょうか?

2020年には東京オリンピックに向け、異文化適応能力の重要性は増すばかりです。改めて自分の習慣を振り返ってみましょう?

 


 


 


※データ標本数:12056

※このデータは標本より一部を抽出したものです。あくまで参考値としてご覧ください。

 


(執筆者:千原)

-----------------------------------------------------

 

あなたの市場価値はどれぐらい?
テスト受検希望者はこちら

転職希望者必見!
MVAによる最適な転職支援サイト「日本人財銀行」はこちら

経営者・人材開発責任者の方へ
ミスマッチのない有能な人材をご紹介いたします
詳しくは
こちら

-----------------------------------------------------



---------------------------------------------------------

今日のトピックは、

~見直され始めた教養の意義~

---------------------------------------------------------

                                                               (日本経済新聞 1120日 朝刊31面より抜粋・編集)
 



藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)トラックバック(0) |

2014年12月08日

市場価値データバンク

市場価値データバンクは、150社50万人以上の方が受検された
市場価値測定テスト(MVA)のデータをもとに、各業態・業種・
企業などの人材のビジネス能力をレポートしたものです。

※市場価値測定テスト
市 場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能 力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております(各能力については100点 満点)。現在、MVAをご利用になられた方は50万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして日本を代表するリーディングカンパニーを中心に高い評 価を得ております。
MVAに関する説明は

---------------------------------------------------------

今日のトピックは、

~日本人の強み、“寛容性”を活かせ~

---------------------------------------------------------

 

世界へ、アクセス拡大 セントレア開港10

 

 中部国際空港(愛知県常滑市、セントレア)が2015217日、開港から10周年を迎える。開港直後の愛知万博、10年に「名古屋議定書」を誕生させた生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)では、海外からも多くの人々がセントレアに降り立ち、帰途についた。中部地方の空の玄関が次の10年へと歩み始める。

 今年9月、中部―香港線に就航した香港エクスプレス航空のルーク・ラブグローブ氏は「香港にも日本旅行のリピーターは多いが、ほとんどの人は東京、大阪には行ったことがある。次は名古屋や白川郷」と乗客確保に自信をのぞかせる。旺盛な日本への渡航需要に呼応し、国際線のLCC4社に増えた。

 続々と訪れる海外観光客の受け入れ態勢は整いつつある。イスラム圏からの観光客増加を見越し、礼拝室を設置。10月には到着ゲートのすぐ外にあった観光案内所を改装して「ツーリストインフォメーション&サービス」を設け、英語、中国語、韓国語を話せるスタッフをそろえた。

 空港内の免税店は13年度、開港以来最高の売上高を更新した。大幅に拡張した国際線乗客向けの家電売り場では、IH炊飯ジャーや一眼レフカメラなどの最新製品が飛ぶように売れていく。

 10月には、国際線乗客でなくても利用できる旅客ターミナルビル内の「ユニクロ」などでも免税販売を開始。旺盛な需要を取り込もうと躍起だ。

 同2日にセントレアの累計旅客数は1億人を突破した。ビジネスも観光も好調な14年度は、6年ぶりに年間1000万人の大台をうかがうチャンスだ。セントレアの川上博社長は「リーマン後の落ち込みを脱し、新たなスタート台に立つことができた。第2の開港の心意気で、これからの10年に取り組みたい」と決意を新たにしている。

              (日本経済新聞 1117日 朝刊29面より抜粋・編集)

 

 上記の中部国際空港の例のように、日本のインバウンド旅行(訪日外国人旅行)は近年大きな成果をあげています。好調の要因としては、富士山の世界遺産登録、東京オリンピック・パラリンピックの開催決定といった、日本に対する国際的注目度が高まったことがベースにあると考えられます。また、羽田空港の国際線発着枠の拡大に伴う航空路線の新規就航等の効果もあるといえるでしょう。下図をご覧いただくと、その実績は数値からみても明らかとなっています。今年は年間1300万人を越しそうな勢いです。

 

001058942








(出典:日本政府観光局JNTO 20141028日 最終更新)

 

 明白ながら、日本に滞在する外国人が増えることで、ビジネスもさらに多様性を帯びていきます。それでは、海外諸国と交流を深めていく上で、日本がアピールできる要素は一体何があるのでしょうか。そのひとつに、日本人の精神性が挙げられます。

 

弊社が独自に編み出したセブンレイヤーズモデルの項目のひとつに、性格特性(パーソナリティー)があります。これは、アメリカの心理学者デュセイによって確立されたエゴグラムという性格分析法に基づいたものです。CP-指導性」「NP-寛容性」「A-論理性」「FC-活動性」「AC-協調性」の5つに分類され、それらに良し悪しは存在しません。それでは、下図をご覧ください。

キャプチャ








上図からも分かるように、日本人の特性として、寛容性の因子が最も高い傾向にあります。寛容性の強い方は、母親的要素が強く、集団主義で保護的、肯定的、養育的・受容的な人が多いとされています。また、寛容性が指導性より強い人は顧客志向であり、寛容性が論理性を上回っている人は、情が厚いといわれています。

 

性格特性は、潜在的能力の部分ともいえ、遺伝による影響を受ける先天的な要素、環境や教育の影響を受ける後天的な要素があります。前者の遺伝の部分はなかなか変えることができない部分なので、伸ばそうとするよりも活かそうとすることが合理的です。

 

「おもてなし」の精神が備わっている日本人として、持ち前の顧客志向や情の厚さを活かし、ビジネスにおいても目配り・気配り・心配りの高さを世界に発信していきましょう。

 

 

 

※データ標本数:12056

※このデータは標本より一部を抽出したものです。あくまで参考値としてご覧ください。

 

(執筆者:柏木)

-----------------------------------------------------

 

あなたの市場価値はどれぐらい?
テスト受検希望者はこちら

転職希望者必見!
MVAによる最適な転職支援サイト「日本人財銀行」はこちら

経営者・人材開発責任者の方へ
ミスマッチのない有能な人材をご紹介いたします
詳しくは
こちら

-----------------------------------------------------




藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)トラックバック(0) |
■Links■
企業変革創造
市場価値測定研究所
日本人材銀行
All About
留学協会
■記事検索■
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: