2011年04月26日

市場価値データバンク

市場価値データバンクは、150社30万人以上の方が受検された
市場価値測定テスト(MVA)のデータをもとに、各業態・業種・
企業などの人材のビジネス能力をレポートしたものです。


※市場価値測定テスト
市 場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能 力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております(各能力については100点 満点)。現在、MVAをご利用になられた方は30万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして高い評価を得ております。
MVAに関する説明はこちら


------------------------------------------------
今週のトピックは、機械業界特集!

~機械業界で求められる人材と
            今後の課題~

------------------------------------------------
311日に発生した東日本大震災により、関東に工場を集中させていた機械業界は大打撃を受けました。中国からの機械需要が急増している中、震災で東北・北関東地方にある工場の機能停止が相次ぎ、また電力の供給不足もあり生産量は衰退してしまいました。日経産業新聞でもそうした機械業界の復興と生産維持を取り上げています。


中国の急速な都市化に伴うインフラ整備で油圧ショベルなどの建設機械の需要は好調に推移している。東日本大震災からの復興事業にも欠かすことができないだけに、住友建機が自家発電設備の導入を決めたほか、コマツも既存の自家発電設備の稼働率を引き上げる検討を始めた。各社とも自家発電などで東京電力などからの電力調達の削減分を補い、高い生産水準を維持する考えだ。

(日本経済産業新聞 411日朝刊3面より)

このような中、機械業界ではどのような人材がいて、状況を打破できるのでしょうか。また中国等の海外進出に向け、どのような人材が求められるのでしょうか。弊社のMVAテスト受検者データより検証しました。

協調性


機械業界にいる人材の中で他業界と比べ、特に目立ったのが「協調性」の高さでした。このように機械業界の人材は、他と比べ協調性に秀でています。その理由として、やはり機械業界の方々は、チームで危険を伴う作業をしていくため周りとの団結と協力が不可欠であるからと考えられます。例えば、今回の震災でコマツの小山工場(栃木県)の設備が故障した際も、大阪工場(大阪府)や粟津工場(石川県)から保守人員を投入し、早期復旧を成し遂げました。この事からも、機械業界の方々は普段共に働いていない仲でも、その高い協調性をもって協力し合い、仕事する事ができたのでしょう。


異文化適応


その一方で、他業界と比べ著しく低かったものは「異文化適応能力」でした。このデータが示すように、機械業界は他業界と比べ「異文化適応能力」が低いです。「異文化適応能力」とは英語力を前提とし、交渉相手の文化、商習慣、契約の考え方の違い等を理解できるものですが、今後、機械業界が中国からの需要増加や、海外進出などグローバルに展開していく中、この「異文化適応能力」は欠かせないものとなっていくでしょう。この差をいかに克服するかが今後の機械業界への課題となりそうです。


※データ標本数 ビジネスパーソン全体:8929 機械メーカー:860

※このデータは標本より抽出したものですので、あくまで参考値としてご覧ください。
----------------------------------------------

あなたの市場価値はどれぐらい?



テスト受検希望者はこちら


転職希望者必見!
MVAによる最適な転職支援サイト「日本人材銀行」はこちら


経営者・人材開発責任者の方へ
ミスマッチのない有能な人材をご紹介いたします
詳しくは
こちら




藤田 聰mvajnet at 12:09│コメント(0)トラックバック(0)市場価値データバンク │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■Links■
企業変革創造
市場価値測定研究所
日本人材銀行
All About
留学協会
■記事検索■
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: