2011年10月03日

市場価値データバンク

市場価値データバンクは、150社50万人以上の方が受検された
市場価値測定テスト(MVA)のデータをもとに、各業態・業種・
企業などの人材のビジネス能力をレポートしたものです。

※市場価値測定テスト
市 場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能 力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております(各能力については100点 満点)。現在、MVAをご利用になられた方は50万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして高い評価を得ております。
MVAに関する説明はこちら
----------------------------------------------
今週のトピックは、
~大企業社員の”適正”な給与体系構築を急げ~
----------------------------------------------
 大企業に対するイメージとして、「大企業病」と揶揄されるように「新規事業の立ち上げがうまくいか
ない」「官僚的である」といったイメージを中には持たれる方がいるかもしれません。そのため、終身雇用制度に基づいた安定性は確かにあるかもしれませんが、能力ある若手・中堅社員のモチベーションを削ぎ、企業の成長に大きな悪影響すらも与えかねません。日本経済新聞では、その流れを防ぐべく、能力のある社員を優遇する制度を導入した古河電工について取り上げています。

 古河電工 専門性、人事で優遇 ~技術・法務など 職位にかかわらず~
 古河電気工業は10月、高い専門性を持つ人材を所得面で優遇する人事制度を導入する。技術や法務などの第一人者を認定し、職位に関係なく処遇する。事業部長などの幹部ポストが限られる中で30-40代の中堅にやる気を出してもらい、自己研さんを促す狙いだ。(中略)約1000人いる基幹社員から最大30人程度を特別待遇にする。(中略)
 評価する専門性は研究開発分野に限らず、生産技術や知的財産、法務、税務、マーケティングなど幅広い職務を対象とする。職位と無関係に選ぶため、30代で役員に準じた所得と福利厚生を得る可能性もあるという。(後略)

(日本経済新聞 9月19日 朝刊 13面 より)

 この記事によると、古河電工では企業の中核をなす30‐40代の幹部社員の中でも高度な専門性を持つ高い能力を有する社員の年収を職位に関係なく上げることで、社員たちのやる気を向上させる制度を新しく始めるとのことです。年功序列制度が未だに残る大企業もある中で、古河電工は能力重視の評価を取り入れることになります。

 実際に、大企業の年功序列制度が企業にどのような影響を与えているのか、弊社のMVAのデータを用いて検証してみたいと思います。

 そこで、弊社はまず受検されたビジネスパーソンの内、企業の規模が1000人以上かつ30-40代の受験者へ抽出した後、簿記やMBAといった資格を有する方とそうでない方にふるい分けをいたしました

 まずは下の図をご覧ください。

データバンク①

 これは、1000人以上の大企業に属する30-40代のビジネスパーソンの中で何らかの資格を持つ方とそうでない方のビジネス基礎能力を比較したものです。こちらの図においてビジネス基礎能力で20点近くの差が表れています。

 次の図をご覧ください。

データバンク②

 これは、先ほどと同じ抽出データで現年収による平均を比較したものです。これを見る限りでは、資格を持っている方よりも資格がない方の方が年収が少なく、40万近くの差が表れていることになっています。

 これら二つの図で、資格を持っている方の方が高いビジネス基礎力を持っているにも関わらず、それが評価されず、資格の無い方の方が多く年収をもらってしまっています。

 最後に、弊社MVAの推定年収による指標で検証してみたいと思います。推定年収とはMVAのビジネス基礎力の点数を下に算出される”適正”と呼ばれる年収の参考値を示したものであり、それで資格の有無で分けて比較をしたものが下の図のようになります。

データバンク③

 この図をご覧になると、2点お気づきになることがあると思います。一つ目は、先ほど述べたように、資格を持つ方の方が無い方よりもビジネス基礎力が高く、そして推定年収も資格の無い方よりも多くもらえるように逆転したことが分かります。そして二つ目は、どちらも推定年収は現年収よりも少なくなっており、給料を過分にもらってしまっているということが分かると思います。

 大企業では、年功序列に基づき個々人の能力を軽視した給与体系となっており、本当に評価されるべきビジネスパーソンが評価されていない実情が伺えます。これからは、企業の持続的な成長のためにも、社員のやる気を向上させる”適正”な給与体系の構築が必要ではないでしょうか。


※データ標本数:資格有・無 各約2000名
※このデータは標本より抽出したものですので、あくまで参考値としてご覧ください。
※推計年収はあくまで参考値として捉えください。
------------------------------------------------
あなたの市場価値はどれぐらい?
テスト受検希望者はこちら


転職希望者必見!
MVAによる最適な転職支援サイト「日本人材銀行」はこちら


経営者・人材開発責任者の方へ
ミスマッチのない有能な人材をご紹介いたします
詳しくはこちら



藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)市場価値データバンク │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■Links■
企業変革創造
市場価値測定研究所
日本人材銀行
All About
留学協会
■記事検索■
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: