2012年04月30日

市場価値データバンク

市場価値データバンクは、150社50万人以上の方が受検された
市場価値測定テスト(MVA)のデータをもとに、各業態・業種・
企業などの人材のビジネス能力をレポートしたものです。

※市場価値測定テスト
市 場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能 力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております(各能力については100点 満点)。現在、MVAをご利用になられた方は50万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして高い評価を得ております。
MVAに関する説明は
こちら

----------------------------------------------

今週のトピックは、

~仕事力とグローバル人材~

----------------------------------------------

 

 

グローバル化の波は、大学に入学時期変更を迫るなど、今や無視できない流れとなっています。しかし、ただ語学ができるだけではグローバル人材になれません。リーダーシップ・対人関係能力など、普遍的に求められている仕事力が伴ってこそ、真のグローバル人材と呼べるのです。先日の日本経済新聞でもグローバル人材育成についての記事が掲載されていました。

 

 

グローバル人材育成を

社員教育に熱心な河本武ユーハイム社長は、東京大学から秋入学構想が提言されたのは時代の必然だと指摘。コミュニケーション能力や課題解決能力を備えたグローバル人材の必要性を説くとともに、英語教育の見直しを求めています。産業界で働くためには、まずは仕事ができることが重要。頭でっかちではなく、リーダーシップがあり、他人とコミュニケーションが取れ、様々な課題を見つけ解決できる力が大切だ。つまり、「人間的偏差値」が高い人材である。いくら語学ができてスキル(技術)と知識があっても、マインド()とバーチュー(美徳)がなければ仕事はできない。いずれにしても、他国の文化やメンタリティーを理解するのは容易ではありません。グローバル人材を育てるためには若者が異文化を体験する仕組みをもっと増やすことが大切だと痛感する。

(日本経済新聞 2012326日 朝刊27面より抜粋・加工)

 

 

「グローバル人材」-昨今、耳にたこができるほど聞かされるこの言葉。職種・業種に問わず、どんな企業も欲する能力・人材となっています。しかし、その需要に見合う人材の供給を果たすことができていない日本の大学。企業の人材育成に力を入れることはもちろんのこと、これからは大学時代からこれらの能力を伸ばすことを求められています。

 

 

さて、仕事力の構成要素として重要な評価項目であるリーダーシップ能力でありますが、ここで弊社が実施している市場価値測定テストの結果を見ていきましょう。


 

無題

 

リーダーシップ能力は最も他の能力と比べても最も平均値は高く、全体像としては強みであると言えます。この結果から、ヒューマンスキル的には問題のない方が多いと言えるのではないでしょうか。

一方、異文化適応能力は全体像としてはボトルネックであり、異文化への理解力・適応能力が欠如していることがわかります。

 

 

次にTOEICの得点分布を見てみましょう。


無題1
Non-Native
として十分なコミュニケーションができるとされている860点以上の割合は受検者のわずか10%であります。

 

 

そして、リーダーシップ能力とTOEICの点数との相関関係を見てみると、

 

 


 

無題2

 

TOEICの点数が高いほど、リーダーシップ能力が高いという結果が出ましたが、その差はわずか10点以内であり、英語力を身に付ければ誰もが諸外国の方々と円滑にコミュニケーションが取れ、グローバル人材になるチャンスがあることを示しています。

 

 

グローバル化が進む社会において、必要とされている「グローバル人材」。グローバル人材と聞くと、自分とは程遠い世界だと考えている方も、成功への道は意外と近いものです。語学力を伸ばすことにより、コミュニケーション上でリーダーシップが発揮できます。積極的に国外に出て完全にアウェイという環境で修羅場体験を積む。こういう経験の積み重ねにより、日本企業においても多くのグローバルリーダーが生まれる可能性があります。時代の変化をチャンスとして捉え、優秀な人材を目指しましょう。

 

 

この記事を最後まで読んで下さった方は、グローバル人材への努力を惜しまない方

でしょう。我々と一緒にグローバル人材への一歩を踏み出してみませんか。

 

 

 

グローバル人材育成研修の最新情報はこちら!是非ともご参加下さい。

http://www.v-change.co.jp/topics/topics_1331540323.html

 

 

 

 

※データ標本数:9920 (うちTOEIC受検者標本数:5630)

※このデータは標本より一部を抽出したものです。あくまで参考値としてご覧ください。

 

 

------------------------------------------------


 

あなたの市場価値はどれぐらい?
テスト受検希望者はこちら


転職希望者必見!
MVAによる最適な転職支援サイト「日本人材銀行」はこちら

経営者・人材開発責任者の方へ
ミスマッチのない有能な人材をご紹介いたします
詳しくは
こちら

----------------------------------------------




これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)市場価値データバンク │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■Links■
企業変革創造
市場価値測定研究所
日本人材銀行
All About
留学協会
■記事検索■
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: