2012年10月29日

市場価値データバンク

市場価値データバンクは、150社50万人以上の方が受検された
市場価値測定テスト(MVA)のデータをもとに、各業態・業種・
企業などの人材のビジネス能力をレポートしたものです。

※市場価値測定テスト
市 場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能 力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております(各能力については100点 満点)。現在、MVAをご利用になられた方は50万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして高い評価を得ております。
MVAに関する説明は
こちら



--------------------------------------------

今週のトピックは、

~クラウドを活用した健康管理で
         能力の相乗効果を!

--------------------------------------------

 

 気温が下がってきて、秋の深まりを感じさせる今日この頃、体調管理により気を遣う季節となってきました。ビジネスパーソンとして、自己の体調を管理するというのは最も基本的な能力です。そういった中で、現在では社員に健康管理を任せるのではなく、企業側から社員に健康管理サービスを提供するという動きがあります。以下、日本経済新聞の記事をご覧下さい。

 

社員の健康 クラウドで守る 

体重・食事管理、企業向けに 富士通、ぐるなびと連携 日立、東南アジアでも展開 

IT(情報技術)各社がクラウド技術を活用し、企業向けに社員の健康管理サービスを提供する動きが広がっている。富士通は飲食店情報サイト運営のぐるなびと組み、健康状態をよくする飲食店の利用を促す仕組みを来春提供。日立製作所は“メタボクラウド”を東南アジアなどにも展開する。富士通は来年4月から、自社製のスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)などに組み込んでいるアプリ「からだライフ」と連動した健康管理システムを提供する。

利用者は体重などのデータを登録し、富士通側はサーバーなどで保管し蓄積する。同社は企業ごとに専用のサイトを用意。体重の動向などを見ながらぐるなびと協力し、サイト上で飲食店のクーポンを発行する。例えば体重が増え気味の人には「会社からちょっと遠いが歩いて行けば割安なランチ」「会社の近くの野菜たっぷり」などのクーポンがもらえる。日立製作所は国内で健康保険組合など現在、約50団体に提供する「はらすまダイエット」を国内と同時に海外にも展開する。このサービスの利用者はパソコンやスマホなどから体重とその日食べた飲食物やした運動、飲み会の有無などの情報を記録する。多くの会社の健康保険組合では高齢化などで財政が悪化しており、負担の多くを占める医療費の削減が課題となっている。新興国なども食生活の向上が生活習慣病の増加につながりつつある。

(日本経済新聞 1023日夕刊1面より抜粋、加工)

 

この記事では、スマートフォンの活用をはじめとして、企業の取り組みとして、社員に様々な健康管理サービスを提供している例を挙げています。この記事のポイントは2つあります。

 

1つ目は、企業の財産である社員の健康管理をすることの重要性です。弊社が実施しているビジネス基礎力(=仕事力)を測定するMVAテストがあります。こちらで社員の方々の体力・健康維持管理能力を見てみましょう

データ① 



上記は、仕事力を構成する10項目中、上位5項目を選出したものです。「体力・健康維持管理能力」を見ると、すべての項目の中で、4番目に数値の高い能力になっておりますが、標準偏差(バラツキ度)は大きく個人差があります。

体力・健康維持管理能力は能力の土台なのです。なぜならば、体力・健康管理維持能力の良し悪しによって、他の能力のパフォーマンスにも大きく関わってくるからです。「健康を気にしているから自分は大丈夫」というだけではなく、しっかり自分の食生活や運動量などを可視化することを通じて、プロの意識を持って、体調を管理しましょう。

また、今回のような企業ぐるみの取り組みは、自己管理を越えた継続的な行動習慣を促すものなので効果的な取り組みと言えましょう。

 

続いて、2つ目のポイントは、日本経済新聞で紹介されている企業は比較的新しいクラウド技術やスマートフォンなどを上手に活用していることです。現在、これらの技術の新たなサービスが次々と出てきており、情報収集能力はもちろんですが、得た情報をリアルの世界で活用する力も重要になってきています。

特に今回の記事でいえば、情報収集能力が体力・健康維持管理能力と連動して、相乗効果を起こしています。常日頃から情報感度を高める意識とそれを実行に移す行動力に移せる姿勢がこれから益々重要になってくるでしょう。

 

今回、体力・健康維持管理に関わる情報を収集し、リアルに活用することの重要性を述べました。これらの能力は以下の能力構造を可視化したセブンレイヤーズモデルすべての能力の土台となり、能力向上の助けとなるので日々の意識付けから行動習慣にまで落としていきましょう。

 
データ②
 




※データ標本数:
10438

※このデータは標本より一部を抽出したものです。あくまで参考値としてご覧ください。




---------------------------------------------- 

あなたの市場価値はどれぐらい?
テスト受検希望者はこちら

転職希望者必見!
MVAによる最適な転職支援サイト「日本人財銀行」はこちら

経営者・人材開発責任者の方へ
ミスマッチのない有能な人材をご紹介いたします
詳しくはこちら



藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)市場価値データバンク │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■Links■
企業変革創造
市場価値測定研究所
日本人材銀行
All About
留学協会
■記事検索■
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: