2013年03月11日

市場価値データバンク

市場価値データバンクは、150社50万人以上の方が受検された
市場価値測定テスト(MVA)のデータをもとに、各業態・業種・
企業などの人材のビジネス能力をレポートしたものです。

※市場価値測定テスト
市 場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能 力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております(各能力については100点 満点)。現在、MVAをご利用になられた方は50万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして日本を代表するリーディングカンパニーを中心に高い評価を得ております。
MVAに関する説明は
こちら
----------------------------------------------------

今週のトピックは、

時代を読む ~超高齢化社会とビジネス基礎能力~

----------------------------------------------------
超高齢化社会がもうすぐ日本に訪れます。全世界にも例がないほど、お年寄りの人口割合が増加することが懸念されています。

1













※国立社会保障・人口問題研究所より参照(平成
241月推計)

 

上図は2060年時の日本の人口ピラミッドを表したグラフです。今後50代~90代の人口が爆発的に増加していること。同時に、働き手であり、年金の担い手である若者はほとんどいない状況であることがわかります。そんな将来の環境変化を見込んで、高齢化向けのサービスの充実や老人ホームの建設などが次々に進んできました。日経新聞にもこんな記事がありました。

高齢者向けサービス強化

地方銀行の間で高齢化の進展に対応した商品やサービスを強化する動きが広がっている。中国銀行は3月までに医療・介護分野の専門担当者をすべての支店に配置する。サービス付き高齢者向け住宅の建設資金の融資も始めた。成長が期待される医療・介護分野で資金需要を開拓する。

(2013年2月18日 日本経済新聞 朝刊5ページより抜粋、加工)

今後ますます、高齢者向け施設やサービスが拡充されることが予想されます。しかし、定年引き上げによって、働く期間が延びていることもまた事実です。では、現在の60代以上のビジネスパーソンはどのくらいの能力があるのでしょうか。

ここで、弊社独自の市場価値測定テストの結果を見ていきましょう。――

2











 上図は、60代の方と受検者全体のビジネス基礎能力の平均を表したグラフです。全体として、大きく差が出たのが①パソコン活用能力②タイムマネジメント能力③体力・健康維持管理能力の3つの能力です。それぞれ分析していきましょう。

①パソコン活用能力

60代の方が全体平均と比べて大きく下回っています。これは、インターネット社会の現代においては厳しい状況と言えるでしょう。デジタルを有効活用することで、より効率仕事を進めることに注力してみてはいかがでしょうか。

②タイムマネジメント能力

60代の方が上回っています。時間あたりの生産性が高いということを表しています。長年の経験、仕事の慣れ等、先輩社員として誇れる結果がでました。若年層の方は、尊敬できる先輩社員をお手本により多くの仕事をすること、より付加価値の高い仕事をすることを心掛けてはいかがでしょうか。


③体力・健康維持管理能力

60代の方が上回っています。体力的に不利になるということを認識されているのか、若年層に比べ一段と留意していることが読みとれます。


以上より、現代における60代の方との能力差を示し分析しました。では、将来的にビジネス基礎能力はどのように推移していくのでしょうか。

みなさんもおわかりかと思いますが、今以上にグローバルの存在が色濃くなる時代が必ず訪れます。それに伴い、現在は最も低位の結果となっている異文化適応能力が大きく向上することが予期されます。日経新聞にもこんな記事がありました。


学童保育で英語教育

住友商事は学童や幼児を対象にした保育事業に参入する。教育事業会社と共同で本格的な英語教育を施すのが特徴。4月から保育施設を都内2か所に開設する。さらに教育システム自体を全国の学習塾や学童保育事業者に販売する。働く女性が増え、子どもを預かる機能と英語教育を併せ持つサービスの需要が見込めると判断した。

都内に施設開設
目黒区では小学校1~4年生を対象とした学童保育と3~5歳を対象とした「幼児園」を開設する。新設する学童保育施設と幼児園は「国際バカロレア」の教育手法を取り入れる。不自由なくコミュニケーションができる程度の英語力を約3年間で習得できるという。

(2013年2月19日 日本経済新聞 朝刊13ページより抜粋、加工)


 教育機関だけでなく、企業も英語教育に力を入れ始めました。今後ますますの発展が見込まれ、グローバル人材の増加が予想されます。同時に、ビジネスパーソンとして英語ができることは当然のこととなる時代がやってくるでしょう。時代を先読みし、キャリアパスを描くことは、厳しい社会を生き抜くために必要となってきます。アメリカでは今の小学生の65%が今は存在しない職業に就くとも言われています。時代を読み、自らを啓発することで優秀なビジネスパーソンを目指しましょう。

※データ標本数:10394名

※このデータは標本より一部を抽出したものです。あくまで参考値としてご覧ください。

(執筆者:小山)

----------------------------------------------------


あなたの市場価値はどれぐらい?
テスト受検希望者は
こちら

転職希望者必見!
MVAによる最適な転職支援サイト「日本人財銀行」はこちら

経営者・人材開発責任者の方へ
ミスマッチのない有能な人材をご紹介いたします
詳しくはこちら


藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)市場価値データバンク │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■Links■
企業変革創造
市場価値測定研究所
日本人材銀行
All About
留学協会
■記事検索■
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: