2013年05月27日

市場価値データバンク

市場価値データバンクは、150社50万人以上の方が受検された
市場価値測定テスト(MVA)のデータをもとに、各業態・業種・
企業などの人材のビジネス能力をレポートしたものです。

※市場価値測定テスト
市 場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能 力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております(各能力については100点 満点)。現在、MVAをご利用になられた方は50万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして日本を代表するリーディングカンパニーを中心に高い評価を得ております。
MVAに関する説明は
こちら

--------------------------------------------------

今日のトピックは、

未来への道筋を決める

--------------------------------------------------


さて、前回は「自立」をテーマにそれぞれの産業毎のパーソナルバリュー保有の能力の値の差を示し、どの産業においても、多様な人々との関わり、いわゆる「異種との交わり」が自身の価値観を確立するために必要なのではないかという内容を記しました。今回は同様に自立の三要素の一つであるパーソナルストラテジー策定・実行能力を紹介したいと思います。自身のビジョンにたどりつくためのストラテジーを皆さんはどのように練りますでしょうか。ストラテジーについての記事があったので紹介したいと思います。
差別化戦略の有効性












広島大学准教授 加藤厚海(4) 戦略では差別性が効果的 地方からの「オンリーワン」総括
神戸大学名誉教授で経営学者の吉原英樹が書いた「『バカな』と『なるほど』」によると、成功する戦略には差別性と合理性の2要素がある。差別性とは、多くの企業の常識的な戦略とは異なる“非常識な戦略”のことだ。外部からは「バカな」といわれるくらい他社とは違う。合理性とは「なるほど」と納得できる論理的な戦略だ。比べると差別性の方が効果的だ。合理性を過度に重視すると常識的で平凡な戦略になりやすい。差別性は実行に移す前の事前評価によってさらに2つに分けられる。他社に「たいしたものだ」と称賛されるか、「いかがなものか」とあきれられるかということだ。後者のあきれられる差別性の方が重要だ。多くの人が称賛する差別性ならば、他社がすぐに模倣する。事後の成功で「なるほど」となる可能性が高いからだ。一方、あきれられる戦略は模倣が遅れがちだ。事後の成否はすぐに判断できず、失敗すれば「理解不能」と非難されかねないためだ。国内のデニム生産最大手のカイハラ(広島県福山市)は、一見、労働集約型と思われる繊維産業で国内生産にこだわってきた。海外に出るほかの繊維各社とは異なる。同社は紡績から織布までは装置産業と考える。高機能デニムを国内で一貫生産する戦略は論理的だ。農業生産法人のサラダボウル(山梨県中央市)は、借りた耕作放棄地でのビニールハウスから事業を始めた。おそらくは「そこまでやるか」とあきれられたのではないか。だが、先入観をもたずに取り組んだ田中進社長の努力が実を結んだ。
(2013年5月2日 日経産業新聞 24ページより抜粋、加工)



 この記事では、差別化戦略の有効性を事前評価と事後評価と分け、合理性と差別性という軸で戦略を考えています。私共もビジョンを立てそのための戦略を練る際には、その人自身のバリュー、ビジョンを明確にし、出来る限り具体的に策定することを推奨しています。その人自身の、その人だけのバリュー・ビジョン(=差別性)、出来る限り具体的に(=合理性)このように記事で言われていることと共通している部分があるわけですが、一般のビジネスパーソンのパーソナルストラテジー策定能力は一体どのぐらいなのでしょうか。弊社の実施している市場価値測定テストを見てみましょう。今回はビジョン、バリュー、ストラテジーを比較してみます。
自立の三要素 比較









 

ビジネスパーソン平均値を見てみると、ストラテジー策定能力は最も低い値を示しています。バリュー、ビジョン共に非常に重要な能力ではあるのですが、ビジョンを達成させるために、そのための道標も具体的に描かなければなりません。ビジョンが明確でない限り、戦略は策定できませんので、そのスコアはビジョンの得点に既定されてしまいます。

それではパーソナルストラテジー策定能力はどのように伸ばしていけばよいのでしょうか。こちらに参考となるデータがあるので見てみましょう。
パーソナルストラテジー策定能力 職別比較










 

こちらは職位別に見たパーソナルストラテジー策定能力の職別別比較です。職位ごとにパーソナルストラテジーの値の違いを一目瞭然です。一番高い値を示しているのは役員以上、一番低い値を示しているのは一般職の方々です。値の高低は自分が就くポジションによって、求められるレベルが高まり、また与えられる権限というのも大きくなることが要因でしょう。

役職に就くこと等で醸成される3つの「意識」を持つことが重要です。それは、危機意識・当事者意識・問題意識です。みなさん、一度自問自答してみてください。普段の日常の中でこれを意識出来ているでしょうか。この3つの意識を一番強く持っているのは言うまでもなく「社長」です。

皆さんも日々の業務の中でこの3つの意識を高めることで、同時にパーソナルストラテジー策定・実行能力を高めて、自己のビジョンに辿り着くことが出来る戦略を練りましょう。
来週は自立の三要素で最もカギとなる「ビジョン策定・概念化能力」について書かせていただきます。


≪グローバル自立支援のための人財測定価値基準≫
セブンレイヤーズモデル

セブンレイヤーズモデル











(執筆者:江頭)





※データ標本数:10772

※このデータは標本より一部を抽出したものです。あくまで参考値としてご覧ください。

----------------------------------------------------
あなたの市場価値はどれぐらい?
テスト受検希望者は
こちら

転職希望者必見!
MVAによる最適な転職支援サイト「日本人財銀行」はこちら

経営者・人材開発責任者の方へ
ミスマッチのない有能な人材をご紹介いたします
詳しくはこちら
---------------------------------------------------






藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)市場価値データバンク │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■Links■
企業変革創造
市場価値測定研究所
日本人材銀行
All About
留学協会
■記事検索■
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: