2014年01月27日

 

市場価値データバンク

市場価値データバンクは、150社50万人以上の方が受検された
市場価値測定テスト(MVA)のデータをもとに、各業態・業種・
企業などの人材のビジネス能力をレポートしたものです。

※市場価値測定テスト
市 場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能 力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております(各能力については100点 満点)。現在、MVAをご利用になられた方は50万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして日本を代表するリーディングカンパニーを中心に高い評価を得ております。
MVAに関する説明は
こちら

---------------------------------------------------------------------------
今日のトピックは、
~人材採用―成績を加えるだけで十分?~
---------------------------------------------------------------------------

日本の新卒採用は、1つの会社に1万人を超える学生が応募するなど熾烈を極めます。採用の際には志望動機や将来の夢などを書くESと共に、適性検査や数回の面接がありますが、グローバル化等の時代変化とともに、新しい価値観が登場し、新卒採用において何を重視されるかが変わっていきます。このようなシフトは次の記事から見られます。

採用、再び成績重視
三菱商事や富士通、客観評価容易に

三菱商事や富士通など大手企業が2015年3月卒の採用活動で「学業成績」をより重視する。14年1月以降、エントリーシートに加え成績書も提出させ選考材料の一つとする。これまでは部活動などを重視する一方、大学ごとに異なる成績は客観評価が難しいために積極的に活用していなかった。授業への取り組み姿勢などを評価し優秀な学生の採用につなげる。
 三菱商事などに入社を希望する学生はインターネットの採用サイトに授業ごとの成績を記入する。サイトはNPO法人のDSS(東京・千代田、辻太一郎代表)が運営する。DSSは全国の有力大学の授業内容に詳しく、企業に対し学生の成績を客観的に判断する情報を提供できる。三井物産や日本たばこ産業(JT)のほか、セブン-イレブン・ジャパン、東レ、帝人や清水建設などを含めた15社がDDSと契約を結んでおり、学生の成績を取り寄せる。
 DSSは大学ごとに成績評価の方法が違うため、異なる大学の成績を4段階で評価し直す共通の指標も用意する。今後は学生から集めた成績データの分析や聞き取り調査などで、高評価がとりにくい授業などの情報も提供し、企業が選考時に大学の成績をより的確に利用できるようにする。
 大手企業の多くは1990年代前半まで選考のために成績書の提出を求めていた。最近は内定後に成績書の提出を求めるケースが多くなった。
(日本経済新聞2013年12月8日朝刊1面より抜粋)

この記事から、採用活動に変化がもたらされたことがわかります。今いくつかの企業が成績という新たな項目を加え、重視するようになってきているのです。そういった中で忘れていけないものは、能力には根本的な「心」・「技」・「体」という各要素があることです。弊社は市場価値測定法を開発した結果、MVAテストというものを基にビジネスに必要な能力として、「心」・「技」・「体」という風に表現しました。下の図がこの能力を可視化した人材測定価値基準「セブンレイヤーズモデル」です。

article2 pic1 











これら各要素について説明し、実際にどのような値を示し、「心」「技」「体」のどこに
目を向けていくべきなのかを見てみましょう。それを基に採用活動や人材教育の参考に
していただければと思います。まずは「心」の部分です。これは弊社が行うMVAテスト
から算出される性格特性、パーソナルバリュー保有能力が当てはまります。下図をご覧
ください。

article2 graph3














バリュー保有能力は自分の軸(大切にしたいもの、譲れないもの)の強さを反映し、ぶれないかどうかのパラメータです。性格特性は思考行動パターン・タイプを表しておりますが、5つの要素があり、総合すると100点満点になります。高ければ高いほど、心的エネルギーが高く、他への影響力と関連します。グラフの年別推移を見ると、「心」の部分の平均値は2007年まで減少傾向が見られ、ここ数年では増加傾向にあります。

次に、「体」の部分です。これはセブンレイヤーズモデルの体力・健康維持管理能力にあたります。この値についてみてみましょう。

article2 graph2













体力・健康維持管理力は10年間に値の激しい変動はなく、最大値と最小値の差も約2.5点しかありませんでした。その理由としては、多くのビジネスパーソンが、体を資本と捉え、相応のメンテナンスをしていることが伺えます。
最後に、「技」の部分であるビジネスパーソンに必要な基礎能力はどうでしょうか。次のグラフを見てみましょう。次のグラフはビジネス基礎能力の合計(ビジョン、ストラテジー、リーダーシップ、マネジメント、情報収集、パソコン活用、プレゼンテーション、異文化適応、タイムマネジメント、メンタルマネジメント)、計10個項目の能力を測定し、セブンレイヤーズモデルにおける「技」の部分です。

article2 graph1













「心」と「体」を反映する最初の2つのグラフと比べると、ビジネス基礎能力だけ特に値の急速な減少が見てとれます。また、最大値(2004年)と最小値(2009年)を見ると、差が50点以上あります。さらに、グラフの形を見ると、ビジネス基礎能力に2009年から少しずつ増加していましたが、2013年の値は最大値まで上がっていません。従って、能力の劣化は急速でしたが、その回復にはある程度の時間を要することがわかります。
 
以上のグラフから、ある程度「心」や「体」の部分には採用活動に配慮されていることがその数値の安定性からわかります。しかし、不安定な値を示すビジネス基礎力の部分は、多くの方がまだまだ注目していないでしょう。採用活動において大学生に高い実務能力を求めるのは厳しい話ですが、成果に結びつく基礎能力を視ることは必要です。

「心」と「体」、そして「技」を考察して、企業の目的に合ったより適合した人材採用を目指していきましょう。



※データ標本数:11369名
※このデータは標本より一部を抽出したものです。あくまで参考値としてご覧ください。

(執筆者:ジャヤプトラ)

------------------------------------------------------


あなたの市場価値はどれぐらい?
テスト受検希望者は
こちら

転職希望者必見!

MVAによる最適な転職支援サイト「日本人財銀行」はこちら

経営者・人材開発責任者の方へ
ミスマッチのない有能な人材をご紹介いたします
詳しくは
こちら

------------------------------------------------------





藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)市場価値データバンク │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■Links■
企業変革創造
市場価値測定研究所
日本人材銀行
All About
留学協会
■記事検索■
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: