2014年05月26日

市場価値データバンク

市場価値データバンクは、150社50万人以上の方が受検された
市場価値測定テスト(MVA)のデータをもとに、各業態・業種・
企業などの人材のビジネス能力をレポートしたものです。

※市場価値測定テスト
市 場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能 力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております(各能力については100点 満点)。現在、MVAをご利用になられた方は50万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして日本を代表するリーディングカンパニーを中心に高い評価を得ております。
MVAに関する説明は
こちら

------------------------------------------------

今日のトピックは、

進んでいく外国人の登用

------------------------------------------------

外国人の起業 特区で促進
 政府は、全国6地域の国家戦略特区で外国人労働者の受け入れを拡大する検討に入った。特区で企業を興す外国人を対象にした新たな在留する資格を作る。家事や育児を手伝う外国人も、特区内で先行的に受け入れる。国内の起業を増やし経済活性化につなげると同時に、女性の就業を支持する狙い。地域を限って外国人労働者の受け入れを拡大し、海外からの投資を呼び込む考えだ。12日に開く国家戦略特区諮問会議で民間議員が提案する。
 これを受け、政府内で検討を本格化し、6月の成長戦略に盛り込む。年内にも在留外国人に関する象徴の法令を見直し、早期実施を目指す。外国人受け入れ拡大の対象地域は、東京圏、関西圏、福岡市など今春から始まった国家戦略特区。柱となるのは、企業を興す外国人の受け入れだ。 

現在の入国管理規制では、日本国内に前もってオフィスを確保したりする必要があり、入国が非常に難しかった。特区ではこの条件を緩和。創業後の事業計画などを提出すれば、数年間お在留資格を与える。日本人が立ち上げたベンチャー企業で働く場合も、在留資格緩和の対象とする。育児やあ家事を担う外国人にも、特区限定で門戸を開く。

 日本人は人口が減り、働き手にあたる1564歳の生産年齢人口は2013年に7900万人と、00年に比べて700万人減った。安倍首相も44日の経済財政諮問会議・産業競争力会議の合同会議で「外国人材の活用の仕組みを検討していただきたい」と関係閣僚に指示していた。

政府はまず特区で外国人労働者が働く条件を緩め、効果と問題点を検証する考え。起業の促進など経済を押し上げる力が強いとみれば、全国への展開も検討する。政府は建設分野では、外国人の技能実習制度を拡大する方針。一方、企業経営や家事での外国人受け入れは特区で先行的に実施する。

2014512日 日本経済新聞より抜粋・編集)


 上記にもありましたように、少子高齢化によって働き手が減っている実態があり、その対策として現在外国人起用が考案されています。このように、国内企業でのグローバル化が進んでいる中で、現在のビジネスパーソンの異文化適応力は高いのでしょうか。

 情報収集能力、パソコン活用能力、プレゼンテーション能力、異文化適応能力、タイムマネジメント能力、メンタルマネジメント能力の6つは、どのような業務のどのような専門知識や技能を身に付けるにあたっても、その基礎として要求される力です。いわば、ビジネスパーソンとしての専門性を高めるのに必要な基礎力であるといえます。では、弊社の行っている市場価値測定テストの結果から、その6つのビジネスパーソン基礎能力の平均を見てみましょう。
 1











 
それぞれの点数を見てみると、異文化適応能力とその他の能力は100点満点で1525点の差があります。つまり、異文化適応能力を伸ばしていく必要があるといえます。そこで今回は記事にもありましたように、外国人の起用促進により国内であっても、異文化との接点で仕事をする機会がますます増えていくことから、異文化適応能力に焦点を当てたいと思います。

 異文化適応の基礎はコミュニケーションです。そして、現代のビジネス社会では英語が国際基準になっています。そこで始めに、英語のコミュニケーションを身につけましょう。日本にいながらも語学力を磨くように意識をすることが、語学力のスキルアップに大きく繋がります。そしてビジネスを行う上で大切なことは、異なる文化や商習慣、思考様式をまずは理解することです。

 つまり、英語力を前提として、異なる国々の文化・商習慣などを理解し、対応する力をつけていく必要があることでしょう。

最後に異文化適応能力を磨くにあたって、学ぶことも必要ですが慣れることが最も早く身につけるために有効といえます。これから進展していく経済のグローバル化に向けて、異文化適応能力を磨き、養っていきましょう。


 

※データ標本数:11584

※このデータは標本より一部を抽出したものです。あくまで参考値としてご覧ください。

 


(執筆者:望月)

------------------------------------------------------

あなたの市場価値はどれぐらい?
テスト受検希望者はこちら

転職希望者必見!
MVAによる最適な転職支援サイト「日本人財銀行」はこちら

経営者・人材開発責任者の方へ
ミスマッチのない有能な人材をご紹介いたします
詳しくはこちら

------------------------------------------------------



藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
■Links■
企業変革創造
市場価値測定研究所
日本人材銀行
All About
留学協会
■記事検索■
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: