2014年06月09日

市場価値データバンク

市場価値データバンクは、150社50万人以上の方が受検された
市場価値測定テスト(MVA)のデータをもとに、各業態・業種・
企業などの人材のビジネス能力をレポートしたものです。

※市場価値測定テスト
市 場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能 力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております(各能力については100点 満点)。現在、MVAをご利用になられた方は50万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして日本を代表するリーディングカンパニーを中心に高い評価を得ております。
MVAに関する説明は
こちら

------------------------------------------------

今日のトピックは、

トップリーダーに求められるリーダーシップ能力

------------------------------------------------

三井物産が全社横断組織 

 三井物産の飯島社長は15日、食糧や医療などの分野で、全社横断的な組織を作り、総合力を高める方針を示した。同時に保有資産の入れ替えを進め、常に余力を持って成長領域に資金を振り向ける。また、縮小していた繊維事業の投資を増やす意向も示した。海外では、トルコとチリを新たな重点国に挙げた。

同氏は、2016年度までの中期計画をまとめ、7つの攻略分野を明示した。

 シェールガス関連では、昨年秋に設置した専門の事業部に、全社から人材も集め、ガス田開発から輸送、ガス発電までを連携して手掛ける。食糧・農業では肥料や農機、物流、小売りも一括りにする。また、医療・健康分野では、医薬品に加え、病院を軸に給食や電子カルテルなど周辺事業を育てる、ということである。

 このように、今後は「資源」と「非資源」という分別ではなく、横断的な組織を作っていく方針である。また、重点を置く事業として、衣食住分野をあげている。計画が長期間にわたる資源と異なり、この分野はプロジェクトや製品のサイクルが早く、ビジネスモデルを変える機会も多いことが理由であるという。

 海外展開としては、欧州、アジア、アフリカ、中東の結節点で地理的に優位なトルコ、水産資源や森林資源が豊富なチリに重点を置く方針だという。                 

                     (日本経済新聞 朝刊14面から抜粋・編集)

 

 上記の記事から、三井物産の社長により企業の今後の方針が具体的に明示されたことが分かります。近年ではグローバル化の影響により、英語力は言うまでもなく、リーダーシップ能力なども求められるようになって来ました。グローバル化の進行の中、世界で活躍する日本企業のトップとなる人材にはどのような能力が必要とされているのでしょうか。

 一般的に、経営者や社長など企業の意思決定を担う人材には、その他の社員に比べ、様々な能力において秀でた人物が多いと思われるかと思います。実際にはどのようになっているのでしょうか。ここで、「職位とビジネス基礎能力の関係」を示したいと思います。以下のグラフをご覧ください。

 

   1

 













このグラフを見ても分かるように、職位が上がるにつれビジネス基礎能力も高くなっていることが分かります。「ビジネス基礎能力」には、ビジョン策定能力、リーダーシップ能力、プレゼンテーション能力など、ビジネスマンに必要とされる普遍的な能力が含まれています。

次に、この能力の中で、グローバル化の影響により近年特に重要視されているリーダーシップ能力について掘り下げていきたいと思います。ここでも、「職位とリーダーシップ能力」の関係について示したいと思います。以下のグラフをご覧ください。

  2

 












上のグラフと同様、職位が上がるにつれ、リーダーシップ能力が高くなっています。

 さらに、企業の最終意思決定者である、役員以上の職位にのみ注目し、ビジネス基礎能力の各項目の平均点を示したものが以下のグラフになります。

 3

 









このグラフから、最終意思決定者はリーダーシップ能力が他の能力に較べ最も高いということが分かります。

 以上の三つのグラフから、企業のトップたる人材には、総合的に見ても高いビジネス基礎能力が必要とされており、中でもリーダーシップ能力が最も求められていることが分かります。

では、リーダーシップ能力とは、具体的にどのような能力なのでしょうか。リーダーシップ能力は、「目標を明確に示し、組織のメンバーのモチベーションを高め、統率していく能力」であると定義することができます。ここで目標とは「中長期的な目的地」のことを指し、モチベーションを高めるとは、「ワクワクするような目標をメンバー同士で共有し、結束力・連帯力を養うこと」を指します。

グローバル化が進む現在、日本企業が世界で活躍していくためには、各企業の意思決定者が、今まで以上に高いリーダーシップ能力を持たなければなりません。現状に満足した時から、人間は退化が始まります。現状に満足せず、より高いリーダーシップ能力、ビジネス基礎能力を身に付けるという向上意識を持ち続けることが肝要なのです。

 日々、ご自身の市場価値を高める努力を続けていっていただければと思います。

 

 

 

※データ標本数:11488

※このデータは標本より一部を抽出したものです。あくまで参考値としてご覧ください。

 

(執筆者:浜辺)




------------------------------------------------------

あなたの市場価値はどれぐらい?
テスト受検希望者はこちら

転職希望者必見!
MVAによる最適な転職支援サイト「日本人財銀行」はこちら

経営者・人材開発責任者の方へ
ミスマッチのない有能な人材をご紹介いたします
詳しくはこちら

------------------------------------------------------



藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■Links■
企業変革創造
市場価値測定研究所
日本人材銀行
All About
留学協会
■記事検索■
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: