2014年06月30日

市場価値データバンク

市場価値データバンクは、150社50万人以上の方が受検された
市場価値測定テスト(MVA)のデータをもとに、各業態・業種・
企業などの人材のビジネス能力をレポートしたものです。

※市場価値測定テスト
市 場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能 力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております(各能力については100点 満点)。現在、MVAをご利用になられた方は50万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして日本を代表するリーディングカンパニーを中心に高い評価を得ております。
MVAに関する説明は
こちら

---------------------------------------------------------

今日のトピックは、

~ビジョン概念化能力を高め、市場価値、企業価値を高める~

---------------------------------------------------------

 

企業価値を創造すること

経済産業省の資料に、米アップルの「iPhone(アイフォーン)」のコスト構造を分析すると、モノ作りではなく仕掛けづくりに付加価値が集中したとの報告がある。なぜそうなったのか。

高度経済成長下ではよりハイスペックな製品が求められ、高機能こそ付加価値だった。しかし、社会が成熟し消費者のニーズは変化した。製品の機能が必要以上に高度化した一方、消費者は機能よりも自らのニーズに合うものを求めるようになった。

「多付加価値競争」の状況にあって、消費者が何を求めているのかわかっていない。メーカーは時に消費者と一緒に製品を開発する必要がある。

モノづくりの価値は、高機能な製品の提供ではなく、作り手の思いを伝えることで生まれる。ソニーの業績悪化は企業イズムが見えず、機能の主張ばかりになったからではないか。圧倒的なオンリーワンの機能がなければ価格競争に陥る。

日本企業の価値が実態以上に評価されない理由は、高い技術への誇りから作り手側の考えに偏り高機能ばかり主張することにある。技術は語っても、経営にかける想いを語る経営者は少ない。

経営者の想いが社会の共感を呼び、企業活動と連動すると企業価値は高まる。聞こえの良いスローガンではなく、創業理念を軸に未来を見据えた企業のコンセプトを、経営者自らが情熱をもって語る。「統合報告」による価値創造とは、このような想いと活動を体系的な言葉で示すことだ。非財務情報を開示しただけの統合報告は価値を生まない。経営者次第で企業価値が左右される時代が来ている。

               (日本経済新聞 611日 朝刊18面より抜粋・編集)

 

上記の記事からも分かるように、経営者が、経営理念を軸に未来(ビジョン)を見据えた事業コンセプトを考え、それを語ることは重要です。しかし、これは経営者だけではなく社員全員にも言えることです。社員全員が創業理念や企業理念を軸に未来、つまりビジョンを明確にする必要があります。社員一人一人がビジョンを明確にすることで個人の市場価値が高まり、企業価値も高めることができます。

そこで、「ビジョン概念化能力」の点数ごとの割合を見ていきます。ここで言う「ビジョン概念化能力」とは、自身の理念や価値観に基づき、ビジョン(夢やロマン、在るべき姿)を描き、それを概念化する能力を指します。「ビジョン概念化能力」は、行動のエンジンとなる重要な能力のため、ビジネスマンにとって必要な第一のスキルです。点数が80点を超えると高い能力値と言えます。


 画像1













 上記のグラフから分かるように、ビジョン概念化能力が
80点を超える人の割合は8.9%で、10%にも達しません。

また、「ビジョン概念化能力」の重要性を理解するために、「ビジョン概念化能力」と「ビジネス基礎能力」の関係も見てみましょう。「ビジネス基礎能力」とは名前の通り、ビジネスに必要な基礎的な能力のことを指します。つまり、「ビジネス基礎能力」が低いと、市場価値も低くなってしまいます。


 画像2











 上記のグラフのように、二つの能力は比例関係にあります。「ビジョン概念化能力」が高ければ、「ビジネス基礎能力」は高くなっています。逆に、市場価値が低い個人の集まりでは企業価値を高めることは困難と言えるでしょう。

 常に自分のビジョンを考えるように心掛けましょう。ビジョンを10年、5年、3年というように前倒しで期間を設定するのもよいでしょう。

 しかし、ビジョンは持っていればいいというわけではありません。それを策定・実行する「ストラテジー策定能力」も同時に重要になっていきます。スティーブ・ジョブズのように、自分のビジョンを明確にもち、表現・実行に移すことが何よりも重要です。

 

以上のように、自分のビジョンを明確に持ち、実行することで市場価値を高め、ひいては企業価値の向上につなげていきましょう。

 

 

 

※データ標本数:11636

※このデータは標本より一部を抽出したものです。あくまで参考値としてご覧ください。

 

(執筆者:上野)

-----------------------------------------------------

 

あなたの市場価値はどれぐらい?
テスト受検希望者はこちら

転職希望者必見!
MVAによる最適な転職支援サイト「日本人財銀行」はこちら

経営者・人材開発責任者の方へ
ミスマッチのない有能な人材をご紹介いたします
詳しくは
こちら

-----------------------------------------------------



藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)市場価値データバンク │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■Links■
企業変革創造
市場価値測定研究所
日本人材銀行
All About
留学協会
■記事検索■
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: