2014年07月28日

市場価値データバンク

市場価値データバンクは、150社50万人以上の方が受検された
市場価値測定テスト(MVA)のデータをもとに、各業態・業種・
企業などの人材のビジネス能力をレポートしたものです。

※市場価値測定テスト
市 場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能 力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております(各能力については100点 満点)。現在、MVAをご利用になられた方は50万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして日本を代表するリーディングカンパニーを中心に高い評価を得ております。
MVAに関する説明は
こちら

---------------------------------------------------------

今日のトピックは、

~EQ(感じる知性)が高い人の資質とビジネス基礎能力~

--------------------------------------------------------- 



EQ
が高い人とは 5つの資質が必要(永田 稔)

 様々な人種の人が働く職場など多様性の高い環境の中で、EQ(感じる知性)は必須の能力です。EQが高い人とはどんな人でしょうか。
 第1は「自分自身の感情を知る人」です。自分がどんな感情の状態にあるのかを把握することが最も重要なことです。感情に流されずコントロールするには、自身が「何に対しどのような感情を持っているか」を把握することが不可欠です。

 第2は自らの「感情を制御することができる人」です。感情自体はコントロールすることが難しいですが、その持続時間や解消方法は制御できます。

 第3は「自身を動機づけられる人」です。才能を十分に発揮するためには、目標に向かって自分を動機づけられるかが重要です。何年も訓練や学習を続けられる熱意や忍耐を持てるかどうか、不安な感情に陥った際にも諦めずに「希望」を持ち続けられるかどうかが重要なのです。

 4つ目は「他者の感情を認識する人」です。他者の感情を敏感に受け止めることができる人、そして他者が何を求めているのかを察知し行動できる人は優れたEQを持っている人と言えます。

 5つ目は「人間関係をうまく処理できる人」です。他者の感情を理解した上で、他者の感情や行動を望ましい方向に発展させるための行動がとれるかどうかです。そのような行動をとれるかどうかで多様な人間関係を円滑に保ち、発展させられるかが決まります。

 EQの高い人は以上の資質をもった人です。この5つを意識することで、自らの能力が十二分に発揮される状態になるとともに、メンバーの能力発揮を促すことが可能になります。

               (日本経済新聞 715日 朝刊27面より抜粋・編集)

 
 
EQ(感じる知性)が高い人は上記の記事に書かれているような資質が必須であることが分かりますが、実はこの5つの資質は「ビジネス基礎能力」にも大きく関わっています。ここで言う「ビジネス基礎能力」とは、ビジネスにおいて必要不可欠な13の能力を合せた基礎能力を指します。

第1、第2の資質は、ストレスに上手に対処し、どんな状況でも平静を保ち、冷静な意思決定ができる「メンタルマネジメント能力」と関係があります。それでは「メンタルマネジメント能力」と「ビジネス基礎能力」のグラフを見てみましょう。下図をご覧ください。

画像1











 「メンタルマネジメント能力」の重要性が分ると思います。生産性が落ちないように、体だけでなく心の健康を保つ能力というのは、これから先も重視されると予想されるので、自分のメンタルをコントロールできるようにしましょう。

次に、第3の資質を見てみましょう。これは、自身の理念や価値観に基づき、ビジョン(夢やロマン、在るべき姿)を描き、それを概念化する「ビジョン概念化能力」と関係があります。この能力は、行動のエンジンとなる重要な能力のため、ビジネスマンにとって必要な第一のスキルです。それでは、「ビジョン概念化能力」と「ビジネス基礎能力」のグラフをご覧ください。


画像2











 「メンタルマネジメント能力」同様、「ビジョン概念化能力」が不可欠なことが分かると思います。目標に向かっていくための動機づけには自分の人生・仕事に対するビジョンを持つことが大切なので、日々考えるようにして能力向上に努めましょう。

 


 最後は第4、第5の資質です。この2つの資質は、「マネジメント能力」と関係があります。ここで言う「マネジメント能力」とは、メンバー間のチームワークやコミュニケーションを円滑化する潤滑油のような働きを果たすもので、権限を委譲し、目標達成のために、実施プランを自ら策定し、確実に実行する能力を指します。「マネジメント能力」と「ビジネス基礎能力」の関係のグラフをご覧ください。

画像3 














 上記の二つの能力同様、「マネジメント能力」が上昇すると「ビジネス基礎の能力」も上昇しています。「マネジメント能力」は「リーダーシップ能力」と相互補完的な関係にあるので、自分がどちらの資質に優れているかを見極め、足りない能力を補うことが求められます。

 以上のことから「ビジネス基礎能力」とEQ(感じる知性)に強い関係があることが分かるでしょう。能力向上のためには、自分にどれくらいの能力があるのかを早く知り、危機意識を持つことで、生活スタイルや考えを変える必要があります。ビジネス基礎能力の平均数値が減少している今、能力を上げてまわりよりも一歩リードしている状態にしておくことが大切です。



 ※データ標本数:11659

※このデータは標本より一部を抽出したものです。あくまで参考値としてご覧ください。

 


(執筆者:上野)


-----------------------------------------------------

 


あなたの市場価値はどれぐらい?
テスト受検希望者はこちら

転職希望者必見!
MVAによる最適な転職支援サイト「日本人財銀行」はこちら

経営者・人材開発責任者の方へ
ミスマッチのない有能な人材をご紹介いたします
詳しくは
こちら

-----------------------------------------------------



藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■Links■
企業変革創造
市場価値測定研究所
日本人材銀行
All About
留学協会
■記事検索■
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: