2014年10月06日

市場価値データバンク

市場価値データバンクは、150社50万人以上の方が受検された
市場価値測定テスト(MVA)のデータをもとに、各業態・業種・
企業などの人材のビジネス能力をレポートしたものです。

※市場価値測定テスト
市 場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能 力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております(各能力については100点 満点)。現在、MVAをご利用になられた方は50万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして日本を代表するリーディングカンパニーを中心に高い評価を得ております。
MVAに関する説明は
こちら

---------------------------------------------

今日のトピックは、

~タイムマネジメント能力の重要性~

---------------------------------------------

 

会議を仕切る達人に 長丁場でも時間割徹底 中だるみ防ぐ 

必要事項を伝達したり、アイデアを出し合ったり、意思決定をしたりと、ビジネスの現場で会議は重要な役割を果たす。会議を主催し、上手に仕切るのは簡単なようで難しいと感じるビジネスパーソンは少なくないだろう。有意義な会議にするにはどんなスキルが必要か。

短時間でまとめ上げるのが会議の理想だが、テーマによってはじっくりと時間をかける必要がある。外国人も多数参加する会議を取り仕切る日本精工・産業機械事業本部企画部係長の工藤朝道さん(39)は、「参加メンバーに自分の持ち時間を強く意識してもらう」のがコツと言い切る。

同社では予算に関わる大規模会議を年4回開く。世界中の責任者が集まる格好の議論の場だが、決めるべき事項も多く、特定のテーマを掘り下げにくい。そこで産業機械の部門では初の試みとして、6月に12日の合宿会議を開いた。米州や欧州、アジアから20人弱が東京に集まった。

両日、7時間程度にわたる長丁場の会議を前に、工藤さんは早い段階で参加者へスケジュールを伝えた。開催の1ヶ月以上前に「発表30分前、討議50分、休憩15分」といった各地域に割り振った持ち時間を通知。「あらかじめ枠へのイメージを持たせ中だるみを防ぐ」(工藤さん)の狙いだ。
 (日本経済新聞 92日 朝刊29面より抜粋・編集)


 上記の記事のように時間割の徹底、つまりタイムマネジメントは中だるみを防ぐなど、仕事を効率的に進めていくためには重要です。著名な経営者、スポーツ選手、研究者など様々な人が大切にしています。

例えば、メジャーリーガーのイチロー選手は、朝から試合終了まで、全く同じスケジュールで一日を過ごすことで知られています。

iPS細胞の研究でノーベル賞をとった山中伸弥教授も、昼休みに鴨川をランニングすることを日課とし、これにより研究への集中力を維持しているそうです。

 

上記の記事の工藤朝道さんは、タイムマネジメントを強く意識していることが分かりますが、これが会議を取り仕切るというリーダーシップにも繋がっているのです。

画像1 


 




 
 

 このように一見関係ないと思われる能力同士も実は密接に関係しているのです。

リーダーの時間管理が徹底されていないと、メンバーの時間管理もゆるくなり、チームの士気は下がり、生産性も低下していきます。

逆に、工藤さんが発表や討議の時間をあらかじめ伝えておいたように、リーダーが時間管理を徹底することで、チームの生産性は高まります。

タイムマネジメント能力は、リーダーになる上で必要な能力と言えるでしょう。

 

また、タイムマネジメント能力は体力・健康維持管理能力とも関わりがあります。仕事をする際に重要な能力として、コミュニケーション能力(聴く力、話す力)などが一般的に言われています。

しかし、その前に大切なのが体調管理です。体調が悪い状態が続けば、仕事の生産性が上がらないのはもちろん、最悪の場合、仕事ができなくなってしまいます。

 画像2






 



 

 上図を見れば分かる通り、二つの能力は比例関係にあります。

 健康管理という意味でのタイムマネジメントは、早寝早起きや、山名教授のように一日の内に運動する時間をつくるなどが挙げられます。毎日を同じ生活のリズムで過ごすことにより、その日一日を有意義に過ごすことができます。

 

今回は、タイムマネジメント能力は他の二つの能力と密接な関係があると示しましたが、この二つ以外の能力でも密接な関係が見られます。

 

タイムマネジメント能力を向上させるには、お尻の時間を決めて取り組むことを習慣化することが大切です。習慣化するには強い意志も重要ですが、実現不可能な目標を掲げるのではなく、背伸びして届くくらいの目標を立てると良いでしょう。その目標を1年→3ヶ月→1ヶ月→1週間→明日と短いスパンで区切るようにしましょう。そうすることで、次第に習慣化していきます。

 

このブログをご覧になった方、明日から始めるのではなく、今日から始めていきましょう!

 

 

 

※データ標本数:11759

※このデータは標本より一部を抽出したものです。あくまで参考値としてご覧ください。

 

(執筆者:上野)

-----------------------------------------------------

 

あなたの市場価値はどれぐらい?
テスト受検希望者はこちら

転職希望者必見!
MVAによる最適な転職支援サイト「日本人財銀行」はこちら

経営者・人材開発責任者の方へ
ミスマッチのない有能な人材をご紹介いたします
詳しくは
こちら

-----------------------------------------------------

藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■Links■
企業変革創造
市場価値測定研究所
日本人材銀行
All About
留学協会
■記事検索■
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: