2014年12月22日

市場価値データバンク

市場価値データバンクは、150社50万人以上の方が受検された
市場価値測定テスト(MVA)のデータをもとに、各業態・業種・
企業などの人材のビジネス能力をレポートしたものです。

※市場価値測定テスト
市 場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能 力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております(各能力については100点 満点)。現在、MVAをご利用になられた方は50万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして日本を代表するリーディングカンパニーを中心に高い評価を得ております。
MVAに関する説明は
こちら

--------------------------------------------------------

今日のトピックは、

~部下のモチベーションを上げるために重要な能力とは~

--------------------------------------------------------

ビジョンで方向性示す(滋賀大学准教授 小野善生)

 部下のモチベーションを向上させるために、管理者はリーダーシップとマネジメントの両側面からアプローチしていかなければいけません。

 まず、リーダーシップにおいては、ビジョン(将来展望)の果たす役割が大きくなります。モチベーションを構成する3つの要因の1つとして方向性に将来展望が通じるからです。モチベーションにおける方向性は個人的なものです。ただ、組織としての方向性がビジョンにあたるので、ビジョンが共有できれば組織と個人の目的が統合されてモチベーションの向上に影響をもたらすのです。方向性が確定して初めて、行動を立ち上げ、維持しようとしてモチベーションが喚起されるのです。

 ビションとは、南カリフォルニア大学教授だったウォレン・ベニスとバート・ナナス名誉教授によると、組織にとって望ましく、実現可能な未来のイメージを思い描けて、現実的で信ぴょう性があり、魅力的な未来を明確に伝えるものであるとされます。ビジョンが明確に示されることで、組織のメンバーは、理想と現実のギャップを認識します。ギャップを埋めることが本人にとって魅力的なものであれば、取り組むべき仕事のやりがいが生まれ、内発的モチベーションが喚起されるのです。

 ビジョンとして、全社的な方向性を示して社内共有促します。一方で、直接接する部下には、承認欲求を満たすべく、「褒め言葉」や成果に対する適切なフィードバックをすれば、さらに内発的モチベーションが向上することになります。

 もちろん、この関係の基礎には、成果に対する適切な報酬、あるいは昇進といった外発的な報酬が担保されていることが条件となります。そうでなければ、組織との信頼関係が成り立たず、安心して仕事をすることはできません。リーダーシップを発揮できる土壌には、マネジメントがしっかり機能していないと成り立たないのです。
(日本経済新聞 122日 朝刊29面より抜粋・編集)

 

上記の記事では、リーダーシップにおけるビジョンの重要性が述べられています。

しかし、果たしてビジョンはリーダーシップにおいて本当に重要なのでしょうか。弊社の市場価値測定テストの結果からそれを検証してみましょう。

 

それでは下記のグラフをご覧ください。

画像1 


 






 


 

 上記のグラフを見れば分かる通り、「ビジョン概念化能力」が「リーダーシップ能力」に大きな影響を与えており、ビジョンがリーダーシップの重要な要素であるということがお分かりいただけるかと思います。

 

 その理由は、ビジョンが明確な人は、自分の目指すべきことが把握できており、それを達成すべく自ら動き、他人を指示することも可能だからです。

 

 記事では、ビジョンがリーダーシップにとって重要であることを述べているだけですが、ビジョンが明確であるということは、多かれ少なかれどの能力にも影響を与えるものです。

 

なぜなら、それぞれの能力を高めるために、ビジョンを明確にし、それを達成することができれば能力は向上するからです。何かを達成する前には必ずビジョンを描きます。だからビジョンは「能力開発のエンジン」と言えるのです。

 

ここでアドバイスとして、ビジョンの描き方を簡単に説明します。描くビションは、個人であれ、チームであれ、ジャンプをして指先がギリギリ届く位の目標にすると良いでしょう。絶対達成できるものでは意味がありませんし、少し高い目標を達成しようとすることで成長度がより高くなるからです。

 

更に、上記の記事では「部下のモチベーションにはリーダーシップとマネジメント両側面からアプローチしなければならない」とも述べられています。リーダーシップを発揮させる前提として、報酬制度等の環境の整備-マネジメントシステムが機能していなければなりません。リーダーシップとマネジメントは車の両輪のようなものです。

 

 ビジョンを共有化することでチームの結束力にも繋がります。遣り甲斐のあるものであれば勿論メンバーの士気も高まり、一人ひとりのモチベーションが高い、高業績が期待できる組織になっていくものです。

 

 

 

※データ標本数:12057

※このデータは標本より一部を抽出したものです。あくまで参考値としてご覧ください。

 

(執筆者:上野)

-----------------------------------------------------

 

あなたの市場価値はどれぐらい?
テスト受検希望者はこちら

転職希望者必見!
MVAによる最適な転職支援サイト「日本人財銀行」はこちら

経営者・人材開発責任者の方へ
ミスマッチのない有能な人材をご紹介いたします
詳しくは
こちら

-----------------------------------------------------



藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■Links■
企業変革創造
市場価値測定研究所
日本人材銀行
All About
留学協会
■記事検索■
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: