2014年12月29日

市場価値データバンク

市場価値データバンクは、150社50万人以上の方が受検された
市場価値測定テスト(MVA)のデータをもとに、各業態・業種・
企業などの人材のビジネス能力をレポートしたものです。

※市場価値測定テスト
市 場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能 力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております(各能力については100点 満点)。現在、MVAをご利用になられた方は50万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして日本を代表するリーディングカンパニーを中心に高い評価を得ております。
MVAに関する説明は
こちら

--------------------------------------------------------

今日のトピックは、

~女性を積極的に活用しよう!~

--------------------------------------------------------


ITが支える新たな働き方~ダイバーシティーが企業を強くする~

グローバル化の進展やIT・ネットワークの発達によりビジネスマーケットの変化は速くなり、

従来の成功モデルはすぐに陳腐化してしまいます。企業が競争力を維持していくためには、常に新たなビジネスモデルを創出しなければなりません。

 そのためには過去の成功体験にとらわれず、多様な価値観を生かすことで、今までにない独創的な発想が期待できるダイバーシティーが必須です。日本企業においてその第一歩となるのが、異なる視点を持つ女性の活用なのです。

 日本企業で女性の活用がなかなか進まない本当の理由は、目に見えない男性社会の障壁があることに加え、会社で長時間働く社員が評価される傾向が強いなど、「固定化した働き方」にあると考えられている。長時間労働が当たり前になっている問題の根底には、個々の社員の具体的な職務の内容や目的、目標、責任、権限の範囲が明確に定められておらず、またどのポイントで誰がチェックし承認するのかという責任の領域や業務プロセスもシステム化・共有化されていないことがあります。自分の仕事の境界があいまいで、何をすれば正当な評価を受けられるのか分からないため、「何がなんでも出社しなければ」という意識になりがちで、それは在宅勤務などのフレキシブルな働き方が普及しない一因にもなっています。

 働き方の改革と併せて大変重要なのは、「アウトプットで評価する」新しい評価軸の策定です。

これはいわゆる成果主義に基づくもので、働く時間や場所を固定するのではなく、働き方を社員が自分でマネージする「ワークライフ・マネジメント」の実現こそが肝心なのです。会社で朝から晩まで長時間働く働き方から解放され、どこでも仕事ができる環境が整えば、オフィスでの長時間労働が難しい女性も働きやすくなります。

 こうした変革を支えるのが優れたITソリューションです。いつでもどこでも必要な情報にアクセスでき、必要なスタイルでコミュニケーションが取れる。IT化が時間と場所から自由な働き方を実現するのです。

(日本経済新聞 1210日 朝刊36面より抜粋・編集)


 グローバル化やネットワーク社会化によりマーケットは一層めまぐるしく変化しており、企業が生き残りをかけて競争力を維持していくためには常に新しいビジネスモデルの創出が必要であることが分かります。そのためには斬新なアイディアを提供できる創造力を持った人材が必要となります。

 

 企業が多様な視点や斬新なアイディアを得るためには、多様な人材を確保することが重要となります。多様な人材と言うと、記事にもあったように女性の積極的登用・活用が第一歩となるでしょう。


 日本では、男女雇用機会均等法や男女共同参画社会基本法など、男女の雇用機会の不平等を是正する法律が作られたにも関わらず、依然として日本の女性管理職割合は10%程度と、他の先進諸国と比べると非常に低い割合を示しています。(下図参照)



グラフ3















((資料出所)日本:総務省統計局「労働力調査」、その他:(独)労働政策研究・研修機構

「データブック国際労働比較2013」)

 

 記事でも述べられていましたが、これからの競争を生き残っていくために、女性の活用は必要不可欠であると言えるでしょう。


 ではここで、女性のビジネスパーソンとしての人材力を、ビジネス基礎能力を通して見てみましょう。下図をご覧ください。

グラフ1



 









上のグラフは女性と男性のビジネス基礎能力を、女性を赤色、男性を青色で表したものです。ご覧の通り、パソコン活用能力を除き全ての能力で女性の方が高得点を示していることが分かります。

 

 特に異文化適応能力に関しては、女性の方が大幅に高い得点を示しています。これは、一般に女性の方が男性より言語を操る能力が高いとされていることに加え、女性特有の性格特性にも関連していると考えられます。ここで以下のグラフをご覧ください。

グラフ2




 





このグラフは女性と男性の性格特性を、女性を赤色、男性を青色で示したものです。

このグラフから、女性は寛容性が非常に高いことが分かります。寛容性が高いということは、異質な文化やものに対する受容力が高いということですので、先程のグラフに表れていた異文化適応能力の高さにも納得です。


 上の二つのグラフから、女性が男性に劣らない、あるいはそれ以上のビジネスパーソンとしての能力を有していることや、女性特有の個性や長所を持つことがお分かりになったと思います。

 

 女性は男性よりも腕力や体力では敵いませんし、出産など男性にはないライフイベントもあります。それらは確かに女性が活躍する上での障壁となりがちですが、それ以外の点で優秀な女性は多く存在します。このブログの読者の皆様が、ビジネスパーソンとしての女性の重要性をご理解くださればと思います。

 

 

 


※データ標本数:12057

※このデータは標本より一部を抽出したものです。あくまで参考値としてご覧ください。

 


(執筆者:浜辺)

-----------------------------------------------------

 


あなたの市場価値はどれぐらい?
テスト受検希望者はこちら

転職希望者必見!
MVAによる最適な転職支援サイト「日本人財銀行」はこちら

経営者・人材開発責任者の方へ
ミスマッチのない有能な人材をご紹介いたします
詳しくは
こちら

-----------------------------------------------------




藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■Links■
企業変革創造
市場価値測定研究所
日本人材銀行
All About
留学協会
■記事検索■
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: