2017年06月26日

市場価値データバンク

 

市場価値データバンクは、15050万人以上の方が受検された市場価値測定テストのデータをもとに、日本経済新聞などの記事と紐付けして、業種・職種を越えて、企業の人材のビジネス能力をレポートしたものです。

                          

※市場価値測定テスト…市場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております。(各能力については100点満点)現在、簡易版を含め、MVAをご利用になられた方は50万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして、日本を代表するリーディングカンパニーを中心に高い評価を得ております。

 

MVAに関する説明はこちら

http://www.v-change.co.jp/mvajtest/index.html

 

----------------------------------------------------

 

今日のトピックは、

~新卒ニーズに応えるタイムマネジメントの重要性~

 

----------------------------------------------------

 

残業40時間ありえない 就活生100人調査

残業が月40時間なんてありえない――。2018年春卒業予定の大学生の採用選考がきょうから正式に始まるのをうけ、日本経済新聞社は「就活学生100人アンケート」を行った。浮かび上がってきたのは、長時間残業への強い拒否感だ。「1日あたり1~2時間が許容範囲かな」。リクルートスーツ姿が目立ち始めた5月中旬、東京・大手町で記者の質問に答えてくれた就職活動中の男子大学生は語った。女子学生も「1日に2時間を超えるようだと、ちょっときついですね」と話してくれた。

 アンケートでは「月にどれくらいまで残業しても構いませんか」との質問を設けた。最も多かったのが「2040時間(1日あたり1~2時間)」の43%だった。「20時間未満」と「残業はしたくない」をあわせると60%に達した。就活学生の10人に6人は月40時間を超える残業はしたくないと考えていることになる。

 

■強制消灯求める

 アンケートでは働き方改革について、企業に実行してほしい内容を複数回答で聞いた。最も多かったのが「決めた時間以降の残業禁止、強制消灯」の51%だった。「ノー残業デーの設定」(46%)と「フレックスタイム制度の導入」(41%)が続き、ルールの設定によって働き方改革が進むと考えているようだ。

 半面、正社員として働いたことがないせいか、働き方そのものへの言及は少なかった。「無駄な会議や資料づくりの見直し」は32%「過剰サービスの見直し」は22%「IT(情報技術)による業務効率化」は21%にとどまった。

 中高年のビジネスパーソンから「ぬるい」「あまい」といった声が聞こえてきそうだが、リクルートキャリア就職みらい研究所の岡崎仁美所長は「学生は仕事のやりがいや企業の成長性などをまじめに考えて就活している」と指摘する。

 その表れが企業を選ぶときの基準(複数回答)だ。「残業が少なく休日も多い」が31%で「給与水準が高い」の28%を上回ったのはご愛嬌(あいきょう)だが、最も多かったのは「自分が希望する仕事ができる」の49%だった。「成長性がある」(38%)や「社会に貢献できる」(33%)も上位に入った。

 副業を認める企業が出始めている現状を踏まえて就職後に副業したいかどうかも聞いた。18%が「副業したい」と回答、NPO(非営利組織)や非政府組織(NGO)での副業を希望する男子学生は「異分野での経験を本業に生かしたい」と説明していた。    
              (日本経済新聞 6月 1日 抜粋・編集)

 上記の記事から分かるように、現代の就活生は残業に対して否定的な意見を持つ学生が多数存在することが分かります。

 
 この背景には、ワークライフバランスの見直しにより人生の多様な生き方を尊重する風潮と一年前に話題となった、電通の新入社員が過労で自殺した長時間労働問題による時間外労働に対するネガティブなイメージの形成が要因として考えられます。

 
 新卒求人倍率が1.7倍を超える売り手市場で、優秀な学生を獲得する為には学生の求めるワークライフバランスを実現できる社内環境を整えることが必要です。

 
 では、理想の環境を実現するためにはどのようなことが必要なのでしょうか?

 
 解決策の一つとして、社員のタイムマネジメント力の向上が挙げられます。社内の生産性の向上により、残業時間を削減することで学生の求めるワークライフバランスを実現する環境を構築することが可能です。

 
 加えて、タイムマネジメント力を底上げすることは現代の学生のニーズに応えることだけでなく組織力の向上にもつながります。

 
 下の図をご覧ください。

264

  こちらは、弊社の市場価値測定テストを受検したビジネスパーソンの各ビジネス基礎能力とタイムマネジメント力です。ビジネス基礎能力とは、弊社が開発した人材価値測定の背景にあるセブンレイヤーズモデルを基に成果に直結するビジネス力を1,000点満点で評価したものです。上図から、ビジネス基礎能力(タイムマネジメント能力を除く)とタイムマネジメント力は相関関係にあることが分かります。

 
 このように、社員一人一人の時間に対する生産性の意識を向上させることが総合的なスキルのビジネス基礎能力向上につながり、延いては組織全体としての力の底上げに繋がります。

  新卒者ニーズの一つであるワークライフバランスの向上と組織を強化するため、社内の時間に対する意識を見直してみてはいかがでしょうか?

 

「金の卵」を獲得するための新卒採用支援サービスに関心を持たれた方は、詳しくはこちらをご覧ください。http://www.v-change.co.jp/kinnotamago/index.html

 

◆「金の卵」サービスに関するお問い合わせ先      

 

株式会社企業変革創造(市場価値測定研究所内)

ベンチャー企業 新卒採用支援プロジェクト担当 小石宛

153-0062 東京都目黒区三田1-4-4 恵比寿ビュータワー13F

[TEL] 03-5424-1317  [FAX] 03-5424-1318

[E-mail] info@v-change.co.jp  [HP] http://www.v-change.co.jp

 

※データ標本数:13219

 

※このデータは標本より一部を抽出したものです。あくまで参考値としてご覧ください。

 

 

 

(執筆者:白田)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◆ビジョンを明確にし、市場価値を飛躍的に向上させる研修プログラム

Visionary Change WorkshopVCW】はこちらから

http://www.v-change.co.jp/vcw/index.html

 

◆あなたの市場性-能力レベル、性格タイプ、ストレス値、推定年収等をズバリ算定!

【市場価値測定テストの概要】はこちらからhttp://www.v-change.co.jp/mvajtest/index.html

 

◆日本を元気に!中小・ベンチャー企業向け社員力向上支援サービス

【人財開発研究所】はこちらから

http://www.v-change.co.jp/jinzai_kaihatsu/index.html

 

◆社長!こっそりご覧ください...

【社長力測定&CEOコーチング】はこちらから

http://www.v-change.co.jp/ceo/index.html

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
■Links■
企業変革創造
市場価値測定研究所
日本人材銀行
All About
留学協会
■記事検索■
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: