2017年09月19日

市場価値データバンク

 

市場価値データバンクは、15050万人以上の方が受検された市場価値測定テストのデータをもとに、日本経済新聞などの記事と紐付けして、業種・職種を越えて、企業の人材のビジネス能力をレポートしたものです。

                          

※市場価値測定テスト…市場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております。(各能力については100点満点)現在、簡易版を含め、MVAをご利用になられた方は50万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして、日本を代表するリーディングカンパニーを中心に高い評価を得ております。

 

MVAに関する説明はこちら

http://www.v-change.co.jp/mvajtest/index.html

 

----------------------------------------------------

 

今日のトピックは、

~イノベーションを生み出すデザイン思考型人材とは?~

 

----------------------------------------------------

トップ交代で加速、フォードのシリコンバレーシフト 

 

(冒頭以下、省略)

 

 ハケット氏はスティールケースで、米アップルのマウスを開発したことで知られる世界的なデザインコンサルティング会社の米IDEO(アイデオ)への出資を決め、家具製造からオフィスコンサル企業へと転換する構造改革を進めた。

 IDEOとスティールケースは、実はシリコンバレー企業に共通するオフィスの様式を確立した重要な企業だ。単なるインテリアデザインの話ではない。シリコンバレーでは内装が大企業病を防ぐ一つの経営手法として重視されているからだ。シリコンバレーでは革新を生む方程式は存在しないが、革新を潰さないオフィスや家具の様式はありうると考える。

 IDEOは顧客に対し「デザイン思考」と呼ばれる開発手法を考案したことで知られる。既存の商品をメーカー側の都合で消費者に押しつけるのではなく、消費者が抱える問題を解決するような形で新たに商品を再発明しようとする。

 スティールケースの場合、それは単なるオフィス家具の製造・販売から、意思疎通のなさ、閉塞感、ストレスといった働く上での課題を家具によってどう解決するかを提案することへの転換だった。顧客の社内の議論を建設的な方向に導くことを家具開発の目的に設定したのだ。

 IDEOに学び、スティールケースの家具が置かれることも多いシリコンバレーのオフィスでは吹き抜けを増やし、できるだけ壁を取り払い、あってもガラス張りにする。仕切りはできるだけ低くする。社員間の目線のやりとりや雑談を増やし意思疎通を促すためだ。

 壁にはできるだけホワイトボードを配置し、アイデアをいつでも書いて気軽に議論できるようにする。会議の雰囲気を和ませる子供の乗り物のような椅子、フットレスト付きの椅子などをオフィスに採り入れることで、議論をしやすいざっくばらんな雰囲気を作り出す。会議をするより、まず雑談やホワイトボードに書いた雑なアイデアを気軽に膨らませられる環境をつくる。

 これらは、会議が増えすぎて中間管理職が新しいアイデアをすぐ潰してしまう大企業病を克服するためにIDEOが編み出したオフィスの大原則だ。家具の開発を通じてハケット氏はこうしたシリコンバレー式の組織改革法に精通している。  
(日本経済新聞 電子版 5月23日 より抜粋・編集

 

上記の記事から分かるように、イノベーションを起こす企業であり続けるためには社員一人一人の創造力あふれるアイデアが飛び交う職場が必要であることが分かります。

それでは、イノベーションを起こす創造力を個人や組織から引き出すためにはどうすればよいのでしょうか?

  IDEOではビジネス課題を創造的に解決する開発手法として、「デザイン思考」を考案し世界的に注目を集めています。デザイン思考とは、問題や顧客のニーズの本質を見抜いて顧客にソリューションを提供する考え方です。革新的なプロダクトを創るためには、既存のモノにとらわれず考えるデザイン思考が必要だと言えます。

 弊社ではイノベーションの源泉となるデザイン思考を持つ人材を以下の指標で評価しました。

        #270ブログ 素材①



 
 

 




 


 これは、弊社が開発した市場価値測定テストのデータを基に、無作為200人のビジネスパーソンの性格特性である「活動性」と「論理性」を散布図にしたものです。

  弊社はデザイン思考に必要な目安値は「活動性が16点以上:潜在的に創造性を非常に強く有していること」×「論理性が14点以上:冷静に物事を判断できる論理性を強く有している」であると考えております。

  赤い丸枠が弊社の考えるデザイン思考型の人材が存在する可能性の高い範囲です。ご覧の通り、創造的でかつ論理的な特性を兼ね備えた人は全体的に少ないことが分かります。

  それでは、このような人材を獲得する為にはどうすればよいのでしょうか?

  先程述べたデザイン思考の指標として述べた「活動性」と「論理性」は、性格特性の因子を数値化したものです。したがって、入社前のパーソナリティ形成の期間がこの特性に大きく影響を与えます。

  したがって、弊社の考えを述べるのであれば、デザイン思考型人材を潜在的な能力視点から新卒採用することが有効な方法であると考えております。

  弊社では、このようなイノベーションの源泉となるデザイン思考型の人材で、かつ成果に直結する高いビジネス基礎能力を身につけた学生を発掘し、ベンチャー企業の新卒支援サービスを行っております。

  優れた仕事力を有したイノベーション人材を共に見つけてみませんか?

 「金の卵」を獲得するための新卒採用支援サービスに関心を持たれた方は、詳しくはこちらをご覧ください。http://www.v-change.co.jp/kinnotamago/index.html


 ◆「金の卵」サービスに関するお問い合わせ先        

株式会社企業変革創造(市場価値測定研究所内)

中小ベンチャー企業 採用支援プロジェクト 小石宛

153-0062 東京都目黒区三田1-4-4 恵比寿ビュータワー13F

[TEL] 03-5424-1317  [FAX] 03-5424-1318

[E-mail] info@v-change.co.jp  [HP] http://www.v-change.co.jp

※データ標本数:13219

※このデータは標本より一部を抽出したものです。あくまで参考値としてご覧ください。


                 (執筆者:白田)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◆「金の卵」を獲得するためのベンチャー企業向け新卒採用支援プログラム

【金の卵プロジェクト】はこちらから

http://www.v-change.co.jp/kinnotamago/index.html

 

◆あなたの市場性-能力レベル、性格タイプ、ストレス値、推定年収等をズバリ算定!

【市場価値測定テストの概要】はこちらからhttp://www.v-change.co.jp/mvajtest/index.html

 

◆日本を元気に!中小・ベンチャー企業向け社員力向上支援サービス

【人財開発研究所】はこちらから

http://www.v-change.co.jp/jinzai_kaihatsu/index.html

 

◆社長!こっそりご覧ください...

【社長力測定&CEOコーチング】はこちらから

http://www.v-change.co.jp/ceo/index.html

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 



藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
■Links■
企業変革創造
市場価値測定研究所
日本人材銀行
All About
留学協会
■記事検索■
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: