コラム

2015年07月07日

 
2012年1月14日、当社代表藤田が講師を務める立教大学の授業に、野田一夫先生がゲストスピーカーとして招かれ講演されました。

今回はその講演の様子をご紹介いたします。

P1140008


授業名は「リーダーシップ論」。

野田一夫先生は日ごろから様々なビジネスパーソン向けの研修を手掛ける藤田の恩師であり、弊社のアドバイザーです。(野田先生のプロフィールはコチラ)


野田先生は教室に入るなり学生に向かって誰よりも大きな声で「おはよう!」と声を掛け、講演をスタートさせました。

具体的な話に入る前に「隅っこや後ろに座るな!前の方の真ん中に座れ!授業で隅っこにいる奴は人生でも隅っこのままだ!」といきなり学生に喝を入れ、学生の度肝を抜きました。学生たちは御年85歳という野田氏に圧倒されていましたが、講演が進むにつれ、野田氏の世界に惹き込まれていきました。

P1140009

 野田先生の講演タイトルは「リーダーとは指導者ではない」。

野田先生は自身も様々な場所でリーダーを務めるだけでなく、松下幸之助や盛田昭夫等数々の歴史的リーダーと直接親交があり、そのリーダーシップを肌で感じてこられた人です。

 その経験を通じて学生に伝えたかったことは【共感と同調】で人をリードする人間になれ!ということでした。

 役職や立場を利用した「命令と服従」によって部下を動かす形だけのフォーマルリーダーではなく、周囲に自分の考えを納得してもらい共感によって人を動かす必要があるということです。つまり指導者という立場はリーダーシップとは関係なく、立場や権限が無くても周囲を動かすことが野田先生の考えるリーダーシップなのです。

 P1140017

 野田先生はこのことを松下幸之助や盛田昭夫の話を引き合いに出しながら、熱く学生に語りかけました。さらに現代の日本に対して痛烈な批判も交えながら学生に対して指導者の重要性に関しても熱弁されました。


 この講演を聞き終わったとき、学生たちの顔は満足感に満ちており、授業が始まった時のきょとんとした顔はもうありませんでした。何を隠そう筆者も充実感を大いに感じた一人だったのですから。


 野田先生の言葉には力がありました。それは野田先生が共感と同調をもって人を動かし、これからも動かそうとしているからでしょう。当社も研修事業を通じて、多くのビジネスパーソンから共感と同調を得ながら、日本人ビジネスパーソンを変革していきたいと実感しました。


 読者の皆様も、職場での人間関係を見直し【共感と同調】をもって人を動かすことができているか確認してみてはいかがでしょうか。リーダーシップをはじめとする能力とは行動習慣です。共感と同調を得る力もまた、行動習慣です。新たな行動習慣を身に付けリーダーシップに磨きをかけましょう。


株式会社企業変革創造
コーポレートコンサルティング事業部
ビジネスインターン
早稲田大学政治経済学部四年
山口 勇紀





藤田 聰mvajnet at 14:54│コメント(0)トラックバック(0)

2011年08月16日

新サービス「Synergy-X/日本ビジネススキルオープン」が、本年7月より本格的に始動いたしました!7月29日分の研修風景をご報告いたします。


Synergy-X(シナジークロッシング)/日本ビジネススキルオープンとは◆

 弊社が独自に開発した「統合型市場価値測定テスト」と、そのテストデータに基づいて編成したグループ内で異業種の方と交流することで、無限大のシナジー効果(相乗効果)を生みだす事を目的とした研修です。企業内研修では得る事のできない新たな視座や視点、考え方、気づきを肌で体感していただきます。

 ※市場価値測定テストは、1998年にリリースして以来、50万人を超えるビジネスパーソンの能力を可視化してきた実績の高い人材評価ツールです。グローバル人材の要件である「異文化適応能力」も評価いたします。


◆午前中の部◆

 まずは自由席で、自己紹介からはじめていただきました。最初から打ち解けていた雰囲気で始められたので、こちらとしてもとてもやりやすかったです。次に講師の方から「ビジネス基礎力」についてのレクチャーと、事前に受検された「市場価値測定テスト」のテスト結果を返却・フィードバックを行いました。参加者の方々は自身の能力を客観的に見るのは初めてだったようで、穴のあくほどテスト結果を見つめていましたね。P7290058 - コピー

サービス業界に属しているT.Mさんは、「自分の能力が数値化されたので、客観的に判断でき、将来の自己啓発・キャリア開発に役に立ちそうである。自分の年収が半分になりショックでした」とおっしゃっていました。T.Mさん以外にも自分の理想と現実のギャップに驚いた方も多かったのではないでしょうか。

 午後の部に向けてのウォームアップとして、「健康維持管理能力」についてのグループ討議と発表を行いました。健康を構成する要素として、食事・運動・睡眠・お酒・たばこ等様々なものがありますが、自身が健康に関して気を付けている習慣についてグループ内で意見交換されました。それに基づき、グループ別に、それぞれ作成した「健康維持管理能力向上のためのアクションプラン」発表をしていただきました。
a - コピー健康維持管理能力が低くでてしまった方は、高かった方に感化されて「明日からがんばります!」と意気込んでいらっしゃいました。明日からいきなりハードな運動をなされて、ご無理をしないよう祈るばかりです。


◆午後の部◆

 休憩が終わったら、いよいよ本日メインのシナジー効果を体感できるグループ討議です。午後からは更にシナジーを生み出すように、指定席で座っていただきました。「グローバルリーダー」についてのレクチャーを講師の方からした後に、「グローバルリーダーの要件」についてグループごとに討議。P7290092 - コピー
「ぱっと思いつくグローバルリーダーは誰?」といった質問から始まり、彼らが所有する能力・パーソナリティーについてグループごとに分析していただきました。スポーツ選手から大手企業の社長まで、様々なグローバルリーダーが挙がっていました。その後、グローバルリーダーになるためのアクションプランを作成していただき、全体に向けて発表していただきました。グループごとにカラ―がでており、とても面白いものでした。P7290049aその後の参加者交流では、機械業の
K.Kさんが「他業種の方々との交流で、いろいろな意見・考え方を知り、自分の視野が狭くなっていたことに気づきました!脳をやわらかくしなければなりませんね!」と笑顔でおっしゃっていたことがとても印象的でした。


◆参加者の声◆

 研修後に参加者全員に記入していただいたアンケート結果では、「本研修は今後の能力・キャリア開発をする上で役に立つ」が15名、「やや役に立つ」5名と、と20名全員が答えて下さいました。また、「研修全体としての満足度」に関しては、「満足している」が62%と「やや満足している」が38%と、100%の満足度を得る事ができました!


 以下、研修全体を通しての参加者の声をご紹介いたします。


「自分の中で日本人的な甘えの存在があることに改めて気づかされた。」

【製造業/KMさん】

「バリュー・ビジョン・ストラテジーの3点セットを≪新・三種の神器」として自立の条件(80点以上)にしている点、非常に感銘しました。今の日本に足りないものは、この自立の心ですので、企業が中心となって強化してゆく必要を感じました。」

【メーカー/MKさん】

「時間は取り返しがつかないので、有意義に過ごすべきと考えさせられた。行動に変えたい。」

【製造業/YWさん】

「現時点の自分の位置がわかり、理想の姿とのギャップに気づきました。足りない部分(リーダーシップ能力とタイムマネジメント能力)を日々の中で強く意識して、行動して行きます。」

【TKさん】

「自分たちで考える力を付けるといっておきながら、答えがあるのかないのかうやむやな研修が多い中で、具体的にこうしたらよいのではないか?という道筋を示していただいた研修は初めてでした。」

【商社/MOさん】


 様々な年齢、業界、職種、属性の方々に、「市場価値測定テスト」と「異業種交流」による2つの「他流試合」を通して、様々な気づきを実感していただけたと思います。このブログをご覧の皆様にも、この研修の新しさと有用性を実感していただけたら幸いです。

皆様の参加をお待ちしております!



藤田 聰mvajnet at 19:10│コメント(0)トラックバック(0)
■Links■
企業変革創造
市場価値測定研究所
日本人材銀行
All About
留学協会
■記事検索■
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: