市場価値データバンク

2015年11月23日

市場価値データバンク


市場価値データバンクは、15050万人以上の方が受検された市場価値測定テストのデータをもとに、日本経済新聞などの記事と紐付けして、業種・職種を越えて、企業の人材のビジネス能力をレポートしたものです。


市場価値測定テスト市場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております。(各能力については100点満点)現在、簡易版を含め、MVAをご利用になられた方は50万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして、日本を代表するリーディングカンパニーを中心に高い評価を得ております。


MVAに関する説明はこちら

http://www.v-change.co.jp/mvajtest/index.html


-------------------------------------------------------------------------------



今日のトピックは、

~人工知能(AI)が発達しても必要になる人材とは~


-------------------------------------------------------------------------------


AI、自ら学んで深化 人間の脳をまねて情報処理

 人口知能(AI)をけん引するのが、大量のデータに潜む特徴をコンピューターが自力で見つけ出すディープラーニング(深層学習)と呼ぶ技術だ。人間の信号処理をまね、画像や音声認識の精度を飛躍的に高めた。自分で動作を学ぶ賢いロボットや病気を診断するAIなど幅広い応用が期待されている。

 2012年には米グーグルも深層学習を使ってAIが大量の画像の中から猫の判別に成功したと発表した。これは、脳の中で無意識に進む情報処理を深層学習がある程度実現したことを示す。

 NTTコミュニケーション科学基礎研究所所長の前田英作さんは、「深層学習はデータがあってこその技術」と注釈もつける。実用化は今のところ、画像検索や音声認識など膨大なデータがそろっている分野に限られている。

ただ、人の手に頼らずデータの持つ特徴を直接分析できる意義は大きい。手を付けられなかった膨大なデータから気付かなかった特徴すら見いだせる可能性もある。東京大学准教授の松尾豊さんは「深層学習が加わり、AIは全てのホワイトカラーを代替する可能性を持つようになる」と話す。

             (日本経済新聞 116日 朝刊31面より抜粋・編集)


上記の記事では、AIが人間の脳の働きの一部を再現しつつあること、そしてビジネスパーソンの仕事にとって代わる存在になる可能性があることが述べられていました。


さらに、2015330日刊の日経ビジネスの特集「戦慄の人工知能・AIが企業を動かす日」でも、ディープラーニングとビッグデータによって近いうちにコンピューターが人間の持つ能力を超越すると書かれています。


特集内では、AIの発展によって多くの仕事がAIに代替され、結果として労働者の格差が広がること、AIによる企業活動の最適化で物価が下がること、安定した職につけなくても最低限の生活ができることが示されています。自分がいま就いている職業や仕事が、近い将来AIにとってかわられるかもしれないのです。


実際に、2015320日付の日経産業新聞では、IBMが開発した人工知能「Watson」が三井住友銀行から内定をもらい、年内にも仕事を開始するという記事がありました。企業が人工知能に関心を示し、導入の検討をしはじめていることがわかります。


オックスフォード大学のカール・フレイ氏が2013年に著した論文では、AIにとってかわられる可能性の高い職業と、低い職業が挙げられています。可能性の高い職業として挙げられているのが、保険の査定担当者、料理人、クレジットアナリスト、会計士、工場などの作業員、小売店の店員、タクシー運転手など。反対に、可能性の低い職業として挙げられているのが、写真家、弁護士、経営者、パタンナーなどです。


可能性の低い職業として挙がったいくつかの職業の中で、共通している特徴とは何でしょうか。それは、機械などには生み出せない「創造力」が必要とされている点ではないでしょうか。というのも、人工知能が得意としていることは、膨大なデータを基に解析をし、その特徴や傾向から判断を下すことだからです。全く新しいものをつくり出すクリエイティブな能力には秀でていないのです。既に、人工知能ではなくとも、小売店の無人レジや鉄道の自動運転など、機械によってとってかわられている仕事も現在では目立つようになってきています。


人工知能の発達によって機械化の領域はますます広がりを見せるようになるでしょう。これからの時代に生き残ることができる市場価値の高い人材とは、創造力に富み、全く新しいものを生み出せる人材なのです。


このことは、弊社の『市場価値測定テスト』の結果からも明らかとなっています。以下のグラフをご覧ください。


無題

これは、心理学で有名なエゴグラムの構成要素であるFC(創造性)とビジネス基礎能力の相関を示したグラフです。弊社の『市場価値測定テスト』では、ビジネスに必要とされる能力の測定のほかに、個人の性格特性も診断いたします。


FC(創造性)の特徴としては、開放性、積極性、活動性などが挙げられます。このグラフが示しているのは、このFCが高い、つまり創造性が高ければ高いほど、ビジネス基礎能力も高くなるということです。ビジネス基礎能力が高い人は社会から求められる人材であり、市場価値の高い人材ということができます。


ただし、このFCは性格特性(潜在的能力)でベースとなる部分です。実務能力のように簡単に高められるものではありません。しかし、クリエイティブな人材により近づくには、日々の生活の中にも「独自性」を求めることが大切であるとされています。同じことでも、普段とは違った方法をとることで、全く新しい発見が見つかることもあるでしょう。


みなさまも、ご自身の創造性を少しずつ磨き、市場価値の高い人材を目指してはいかがでしょうか。




※データ標本数:12536

※このデータは標本より一部を抽出したものです。あくまで参考値としてご覧ください。


(執筆者:石田)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ビジョンを明確にし、市場価値を飛躍的に向上させる研修プログラム

Visionary Change WorkshopVCW】はこちらから

http://www.v-change.co.jp/vcw/index.html


あなたの市場性-能力レベル、性格タイプ、ストレス値、推定年収等をズバリ算定!

【市場価値測定テストの概要】はこちらからhttp://www.v-change.co.jp/mvajtest/index.html


日本を元気に!中小・ベンチャー企業向け社員力向上支援サービス

【人財開発研究所】はこちらから

http://www.v-change.co.jp/jinzai_kaihatsu/index.html


社長!こっそりご覧ください...

【社長力測定&CEOコーチング】はこちらから

http://www.v-change.co.jp/ceo/index.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 


 


 


 



藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)

2015年11月09日

市場価値データバンク

 

市場価値データバンクは、15050万人以上の方が受検された市場価値測定テストのデータをもとに、日本経済新聞などの記事と紐付けして、業種・職種を越えて、企業の人材のビジネス能力をレポートしたものです。

 

市場価値測定テスト市場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております。(各能力については100点満点)現在、簡易版を含め、MVAをご利用になられた方は50万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして、日本を代表するリーディングカンパニーを中心に高い評価を得ております。

 

MVAに関する説明はこちら

http://www.v-change.co.jp/mvajtest/index.html

 

--------------------------------------------------------

 

今日のトピックは、

~好奇心や冒険心はビジネス能力を向上させる原動力となる~

 

--------------------------------------------------------

 

好奇心に従い転職に(みずほ証券 上野泰也氏)

 ■みずほ証券の上野泰也氏(52)は1986年、会計検査院のキャリア官僚として社会人生活をスタートした。

 “大学では教員免許も取得していましたが、大学3年の時、学内の掲示板でたまたま国家公務員試験の案内を見つけ、説明会が終わる頃には受検を決めていました。父親が検事で公務員は身近な存在でした。”

 ■入庁後は建設省(現国土交通省)の検査を担当する部署に配属された。

 “雑用から始まったので地味でしたね。毎日段ボール箱で送られてくる膨大な証拠書類を台車で倉庫まで運ぶのが役目でした。それでも工事現場に出向いて施工の状況をチェックすることもあれば、法律論を戦わせることもあり、奥が深い仕事でした。”

 ■88年に富士銀行(現みずほ銀行)に転職、マーケットの世界に足を踏み入れた。

 “沢田研二さん主演の「ザ・ディーラー」というテレビドラマを見て、マーケットに興味を持ったのがきっかけです。87年にブラックマンデーが起きて新聞にもマーケットの記事が増えてきました。この世界に公務員とは対照的なダイナミズムを感じました。相談せずに決めたので親は後から知って驚いていました。富士銀行での最初の仕事は為替ディーラーでした。トイレに行く時間もないほどきつい仕事で辞めようと考えたこともありましたが、慣れてくると楽しくなりました。その後、希望していた調査班に異動し、エコノミストとしてのスタートラインに立ちました。こんなに長く続くとは想像していませんでしたが、天職だとは思いましたね。”

 

“ここまでのキャリアで最大の原動力になったのは好奇心です。興味あることが見つかったらとりあえず食いついてみる姿勢が大事です。そして、いろんな重圧を共有できる心の許せる友人がいれば、よりよい仕事人生になるのではないでしょうか。”
 (日本経済新聞 1027日 朝刊27面より抜粋・編集)

 

この記事で、上野泰也氏は『キャリアで最大の原動力となったのは好奇心です。』とコメントしています。弊社でも好奇心や冒険心というものは、ビジネスパーソンにとって重要であるものだと考えています。それは、弊社の開発する市場価値測定テストの結果からも明らかになっています。

 

まずは、以下のグラフをご覧ください。

グラフ1









 上記のグラフを見ると、ベンチャーマインドが高いほどビジネス基礎能力の得点が高くなっていることが分かります。ベンチャーマインドとはアントレプレナー度を測定するとともに、起業家を目指していない方でも、会社依存型であるか、自立型であるかを測定するように構成されています。

社会形態が、『帰属社会』から『契約社会』へと変わりつつある今、周囲に依存するのではなく、上野氏のように個人が主体的にアクションを起こしていく姿勢が求められます。そして、このように主体的にアクションされる人はビジネス能力が高く、市場価値が高い人であると言えます。

 

次に以下のグラフをご覧ください。

グラフ2










 上記のグラフは、FC(活動性)とビジネス基礎能力の得点を示したものです。

弊社では、ビジネス基礎能力だけでなく、性格特性も測定しています。性格特性はエゴグラムの5つの要素を使用しており、FC(活動性)はその要素の1つです。

 FC(活動性)は、奔放な子供の要素であり、これが高い人は活動的で好奇心旺盛な人で、創造性に優れている人と言われています。上野氏がおっしゃっていた『好奇心』を測定している項目だと言えます。

 

 グラフの結果からも分かるように、FC(活動性)が高いほどビジネス基礎能力も高くなっており、好奇心がビジネスにおいて重要であることを示しています。

 

 ただし、『好奇心』があるものの、『アクションを起こさない人(行動しない人)』が昨今増えています。今後の社会は、グローバル化や女性雇用の推進など、ダイバーシティ(多様性)がより重視され、競争も激しくなります。『アクション起こさない人(行動しない人)』は、その競争に敗れてしまいます。

 

 『好奇心』を持ったなら、まずはアクションを起こしてください。それがたとえ失敗したとしても、そこから新たな「気づき」を得られ、自身の成長に繋がるはずです。

 

『好奇心はいつだって新しい道を教えてくれる。』-ウォルト・ディズニーも好奇心に関してこのように述べています。

 

みなさんの好奇心はなんでしょうか?

その好奇心を原動力にビジネス基礎能力を向上させましょう!

 

 

 

※データ標本数:12536

※このデータは標本より一部を抽出したものです。あくまで参考値としてご覧ください。

 

(執筆者:上野)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

ビジョンを明確にし、市場価値を飛躍的に向上させる研修プログラム

Visionary Change WorkshopVCW】はこちらから

http://www.v-change.co.jp/vcw/index.html

 

あなたの市場性-能力レベル、性格タイプ、ストレス値、推定年収等をズバリ算定!

【市場価値測定テストの概要】はこちらからhttp://www.v-change.co.jp/mvajtest/index.html

 

日本を元気に!中小・ベンチャー企業向け社員力向上支援サービス

【人財開発研究所】はこちらから

http://www.v-change.co.jp/jinzai_kaihatsu/index.html

 

社長!こっそりご覧ください...

【社長力測定&CEOコーチング】はこちらから

http://www.v-change.co.jp/ceo/index.html

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)
■Links■
企業変革創造
市場価値測定研究所
日本人材銀行
All About
留学協会
■記事検索■
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: