ストレス

2018年01月09日

市場価値データバンク

 

市場価値データバンクは、15050万人以上の方が受検された市場価値測定テストのデータをもとに、日本経済新聞などの記事と紐付けして、業種・職種を越えて、企業の人材のビジネス能力をレポートしたものです。

                          

※市場価値測定テスト…市場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております。(各能力については100点満点)現在、簡易版を含め、MVAをご利用になられた方は50万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして、日本を代表するリーディングカンパニーを中心に高い評価を得ております。

 

MVAに関する説明はこちら

http://www.v-change.co.jp/mvajtest/index.html

 

----------------------------------------------------

 

今日のトピックは、

~データ分析を用いた社内の健康管理と組織生産性の向上~

 

----------------------------------------------------

 

埼玉の企業、8割が「健康経営」を認識 

 

 社員の健康管理で生産性を高める「健康経営」の考え方が埼玉県内の企業に浸透してきた。埼玉りそな産業経済振興財団(さいたま市)の調査で、健康経営について認識している企業が8割に上り、ほぼすべての企業が今後の対応に意欲を示した。人手不足が深刻化していることもあり、経営を支える人材への投資の重要性に改めて注目が集まっているもようだ。

健康経営は従業員の健康保持・増進にかかる経費を将来に向けた投資ととらえ、生産性や企業イメージの向上、組織の活性化に結びつけようとする考え方を指す。近年、大手企業を中心に取り組みが広がっていることから同財団が10月に県内969社を対象にしたアンケートを実施。243社から回答を得た。

 健康経営について「知っている」と答えた企業は45%、「聞いたことはあるが内容は知らない」が35%で、「聞いたことがない」は19%にとどまった。同財団は「健康経営という言葉自体は大半の企業に浸透しており、特に生産性の変化が見えやすい製造業で関心が高い」と分析する。

今後の取り組み方針について聞くと「積極的に実施したい」が45%、「現状程度で対応したい」が53%と、ほぼすべての企業で何らかの対応に意欲を示した。同財団は「健康経営が後ろ向きのコストではなく、生産性や企業イメージの向上につながるとの議論が世間で深まりつつあることの表れ」とみる。

 健康経営を巡っては経済産業省が積極的に取り組む企業を認定、公表する制度を創設するなど国が普及を後押ししている。県内でも全国健康保険協会(協会けんぽ)埼玉支部が普及に向けたセミナーを開いているほか、2016年からは企業に従業員の健康増進に積極的に取り組むことを表明してもらう「健康宣言」事業を推進。現在約60社が参加している。

  (日本経済新聞 電子版 1130日 抜粋・編集)

 上記の記事のように、社員の健康管理を将来への投資として位置付ける企業が増えてきています。その背景として、人手不足の深刻化により従業員一人一人に求められる生産性が高まっていることがあげられるでしょう。

 健康管理において、重要な要素の一つに「ストレス」があります。最近では、長時間の労働や休暇が取りにくい環境により、メンタル不全に陥る人が増えております。したがって、健康経営を行うためには社員のストレスを適切に把握することが必要だと言えます。

 まずはこちらをご覧ください。

Topic277 タイマネとストレスの相関

 こちらのグラフは、ビジネスパーソンのストレス値とタイムマネジメント能力の相関関係を表したものです。タイムマネジメントとは、物事を決められた時間の中で終わらせることができる時間管理のことで、生産性と密接な能力です。赤線(回帰直線)の通り、両者には強い相関関係があるようです。つまり、タイムマネジメント能力が高い人は肉体症状としてのストレス度が低く、低い人はストレス度が高い傾向があるということです。

 次に、弊社の市場価値測定テストのデータに基づくビジネスパーソンのストレス度分布を見てみましょう。

Topic277 ストレス度合い

 

 



 



 
 これは、受検者の現在のストレス度を最大
30点で算出し、その数値に応じてレベル分けをしているものです。05点が問題なし、610点が適度なストレス状態、1120点がストレス状態に陥りつつある状態、21点以上がすでに日常生活に支障をきたしているため専門医の治療が必要な数値になっています。

 上記グラフからも分かるように、20%以上の方が過度のストレスを抱えながら日々生活していると言えます。ストレスは、溜めすぎると体への影響はもちろん、心にも悪影響を及ぼします。

 健康経営を行うに当たって、このストレス値が11点以上の社員をいち早く把握し、対策を講じることが必要になってきます。キーワードは適材・適所の設計です。

 弊社の市場価値測定テストでは、能力レベル・性格タイプの観点から、適材・適所を設計していき、組織生産性を高めていく支援を行っています。

 皆さんも、データ分析を用いて社内の現状を把握し、組織生産性を高めてみてはいかがでしょうか?


※データ標本数:13219

※このデータは標本より一部を抽出したものです。あくまで参考値としてご覧ください。  

 

(執筆者:白田)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◆「金の卵」を獲得するためのベンチャー企業向け新卒採用支援プログラム

【金の卵プロジェクト】はこちらから

http://www.v-change.co.jp/kinnotamago/index.html

 

◆ビジョンを明確にし、市場価値を飛躍的に向上させる研修プログラム

Visionary Change WorkshopVCW】はこちらから!

http://www.v-change.co.jp/vcw/index.html

 

◆あなたの市場性-能力レベル、性格タイプ、ストレス値、推定年収等をズバリ算定!

【市場価値測定テストの概要】はこちらからhttp://www.v-change.co.jp/mvajtest/index.html

 

◆日本を元気に!中小・ベンチャー企業向け社員力向上支援サービス

【人財開発研究所】はこちらから

http://www.v-change.co.jp/jinzai_kaihatsu/index.html

 

◆社長!こっそりご覧ください...

【社長力測定&CEOコーチング】はこちらから

http://www.v-change.co.jp/ceo/index.html

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)

2011年12月26日

市場価値データバンク

市場価値データバンクは、150社50万人以上の方が受検された
市場価値測定テスト(MVA)のデータをもとに、各業態・業種・
企業などの人材のビジネス能力をレポートしたものです。

※市場価値測定テスト
市 場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能 力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております(各能力については100点 満点)。現在、MVAをご利用になられた方は50万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして高い評価を得ております。
MVAに関する説明はこちら
----------------------------------------------
今週のトピックは、
~成果の出せるビジネスパーソンに必要な能力とは(「自立の三要素」編)~
----------------------------------------------
 今回は、「成果の出せる人材」になるために必要となる、あらゆる業種・職種でも不可欠となる「ビジネス基礎力」をいかにして引き伸ばすかについて述べていきたいと思います。弊社のMVAの受験者データによって、この能力が高いことが成果に対してどれほど重要であるか、まずは以下の図をご覧ください。

データバンク①

 上の図をご覧になれば分かる通り、ビジネス基礎力の得点が高いほど成果が出せる人材となり、それが「評価」に結びつきます。上図のようにビジネス基礎力が高くなればなるほど役職が上がっていきますので、いかにビジネス基礎力が重要であるかが分かると思います。

 では、このビジネス基礎力を上げるには何が必要かについて書いていきたいと思います。

データバンク②

 弊社のビジネス基礎力は上のセブンレイヤーズモデルに基づいて構成されています。弊社では、このビジネス基礎力を押し上げる「エンジン」なるものの能力が3つあると考え、それを「自立の三要素」と呼んでいます。その3つの能力が「パーソナルバリュー保有能力」「パーソナルビジョン策定・概念化能力」「パーソナルストラテジー策定・実行能力」です。

 この3つの能力を押し上げることが、ビジネス基礎力にとっていかに重要であるかを弊社MVAのデータを用いて説明いたします。

 まず、任意の各ビジネスパーソンの3つの能力およびビジネス基礎能力全体を抽出し、ビジネス基礎能力全体からその3つの能力の得点を除きます。次に、ビジネス基礎能力全体を目的変数とし、3つの能力の得点を説明変数として重回帰分析しました。これにより、各3つの能力がビジネス基礎能力全体にどれだけ寄与するかを分析することができます。

 その重回帰分析の結果が以下のようになります。

データバンク③

 上の表の赤丸部分を見てください。この「係数」の部分が何を示しているかと言うと、各3つの能力が1点上がるたびにビジネス基礎能力全体の得点がどれだけ上がるのかがおおよそですが示されています。つまり、下の表のようになります。

データバンク④
各能力が1点上がった場合のビジネス基礎能力のおおよその上がり具合

 これを見ていただくと、パーソナルストラテジー策定・実行能力を向上させることが最もビジネス基礎能力全体に寄与していることになります。パーソナルストラテジー策定・実行能力とは「ゴール(ビジョン)までの道筋(戦略)を明確にし、それに向けて実行する」能力ですので、この能力が高くなれば必然的に他のビジネス基礎力が付いてくると推測できます。

 もちろん、ストラテジーだけでなく、バリュー・ビジョンも軽視してはいけません。ただ、ビジネスにおいては「考えるより行動」という考えが尊重されていますが、確かに行動力を持つことはビジネスにおいて重要な要素と言えるのかもしれません。

※このデータは標本より抽出したものですので、あくまで参考値としてご覧ください。
------------------------------------------------
あなたの市場価値はどれぐらい?
テスト受検希望者はこちら


転職希望者必見!
MVAによる最適な転職支援サイト「日本人材銀行」はこちら


経営者・人材開発責任者の方へ
ミスマッチのない有能な人材をご紹介いたします
詳しくはこちら



藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)
■Links■
企業変革創造
市場価値測定研究所
日本人材銀行
All About
留学協会
■記事検索■
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: