パソコン

2012年01月23日

市場価値データバンク

市場価値データバンクは、150社50万人以上の方が受検された
市場価値測定テスト(MVA)のデータをもとに、各業態・業種・
企業などの人材のビジネス能力をレポートしたものです。

※市場価値測定テスト
市 場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能 力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております(各能力については100点 満点)。現在、MVAをご利用になられた方は50万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして高い評価を得ております。
MVAに関する説明はこちら

-----------------------------------------------------------
今週のトピックは、
~次の世代に求められるパソコン活用能力

-----------------------------------------------------------

 インターネットの出現に始まり、現在ではスマートフォンやSNSなどここ数年でコミュニケーションは劇的に変化し、容易に世界中の情報へアクセスできることから世界は小さくなりました。その一方で「コミュニケーション能力が足りない」「自分がない」など現代日本の若い世代には不安の声が浴びせられることが珍しくありません。

 

コミュニケーションが日々劇的に変化していく世界で、これからの世代に求められる能力とはどのような力なのでしょうか。劇作家で演出家の鴻上尚史氏へのインタビューが日本経済新聞に掲載されていました。この記事の中で鴻上氏は「今の若者にはおとなしく元気がないという印象があるのはなぜでしょう」という問いに対し「ネットの両面性」という言葉を用いながら次のように答えています。

 

「一人ひとりの持つエネルギーは昔と同じ。ただ、今はインターネットがある。上の世代と違い、ネットにエネルギーを取られている。

 (中略)

 今の若い団員はよくネットで自分の名前を検索する。作品や演劇の感想がそこにある。素人のお客さんのブログであっても、こういう書き込みを呼んでいると『平凡な自分ではなく、何者かになっている自己肯定感』を得られる。『野望』は育ちにくい。よほど自分を律し、ささいなほめ言葉で満足しないぞ、と思い続けないと『まあ今のままでいいか』となる。

 同時にネットは『自分たち程度の小劇団や夢見る若者は腐るほどいる』ことも教えてくれる。ネットの両面性だ。こちらを肯定し、同時に否定してくる。うまくつきあわないと自分というものを形成できなくなる。

 若い人には、ネットとの距離の取り方が貴方の人生を決めるよ、と言いたい。うまく距離をおき、自分の頭で判断し、自分の意思で行動してほしい。」

2012111日 日本経済新聞 朝刊 5面「C世代駆ける」より一部抜粋

 

近年の企業にとっての経営資源は「ヒト・モノ・カネ・情報」の4つだと言われています。かつては「ヒト・モノ・カネ」の3つであると言われていたのですが情報という新しい経営資源が加わりました。毎日のように変化する外部環境の中で適切な対応を判断するために情報は欠かせないということでしょう。

 

ではビジネスパーソンの情報収集能力は年代別にどのような特徴があるのでしょうか。下のグラフをご覧ください。

情報・パソコン・バリュー




 市場価値測定テストはビジネスにおけるシチュエーションを想定しているためか、20代のパソコン活用能力の平均値は各年代と比較して低位の結果となりました。これはオペレーションのみならず、ビジネスでの有効な活用という視点からの得点ですので、低かったのでしょう。逆に、バリュー保有能力の平均値が最も高いのは20代だったのです。

 

先程のインタビュー記事で筆者が気になったのは「ネットの両面性」です。自分を肯定してくると同時に自分を否定してくる、というネットに幼いころから接してきた若い世代は自分を保とうとしていたのかもしれません。

世界中の情報にいつでもどこでもアクセスし、自分の考えを世界中に発信できるようになった現在では、自分を肯定してくれる意見も多数あれば否定する意見も多数あります。正しい情報もあれば誤った情報もあります。

Googleを開いて検索窓にキーワードを入力することは、もはや小さい子供でもできる時代です。どの情報・意見が正しいのか正しくないのか、自分に有益なのか・有害なのか、自分の判断基準と価値観をしっかりと持って、情報を取捨選択していくことが若い世代に求められるでしょう。バリュー保有能力の平均値が最も高いのはこのような背景からかも知れません。

自分に都合のよい情報だけを見るのではなく、賛否両論あるのを分かったうえで自分の信じる価値観と情報の信ぴょう性を見抜く力を形成していくことが本来的なパソコン活用能力や情報収集能力かもしれません。


標本数:9721

※このデータは全標本より抽出・加工したものですので、参考値としてご覧ください。


----------------------------------------------

あなたの市場価値はどれぐらい?
テスト受検希望者はこちら


転職希望者必見!
MVAによる最適な転職支援サイト「日本人材銀行」はこちら


経営者・人材開発責任者の方へ
ミスマッチのない有能な人材をご紹介いたします
詳しくはこちら



藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)

2011年05月09日

市場価値データバンク

市場価値データバンクは、150社30万人以上の方が受検された
市場価値測定テスト(MVA)のデータをもとに、各業態・業種・
企業などの人材のビジネス能力をレポートしたものです。


※市場価値測定テスト
市 場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能 力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております(各能力については100点 満点)。現在、MVAをご利用になられた方は30万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして高い評価を得ております。
MVAに関する説明はこちらこちら


----------------------------------------------
今週のトピックは、
~業界比較特集!ソフトウェア編~
----------------------------------------------
今週はソフトウェア業界を特集します。
今では、プライベートにおいてもビジネスにおいても、私たちの生活においてパソコンというものは非常に大きな役割を果たしています。この不景気の中でも一定の需要があり、安定していそうなソフトウェア業界ですが、中小ソフト会社にとっての経営状況は厳しさを増すばかりです。

国内の中小ソフトメーカーなどでつくるMIJS(メイド・イン・ジャパン・ソフトウェア・コンソーシアム)は、共同で加盟各社の人材育成を今年度から始める。新人社員研修や社員向け講習などを共同で実施。人材育成コストを低減し、社員が交流する機会も増やしてソフト販売や技術などでの協業につなげる。
(日本経済新聞4月25日 朝刊 13面 より)


では、このようなソフトウェア業界で活躍している人材の特徴はどのようなものなのでしょうか。また、今後求められるのはどのような人材なのでしょうか。弊社のMVAテスト受検者データより検証しました。


まずビジネスパーソン全体と比較して、突出していた能力はパソコン活用能力でした。


graph 1


ここでいうパソコン活用能力とは、パソコンを駆使した課題解決および表現力の高さの事です。マスターすべき機能として、Microsoft Officeに準えれば、 Word, Excel, Power Point,それに加え、データベース、Eメール、インターネットの6つがあげられます。グラフからは、ソフトウェア業界の方々はビジネスパーソン全体よりもパソコン活用能力が高いことがわかります。また、ソフトウェア業界の中でも、事務の方々のパソコン活用能力は51点、技術者の方々のパソコン活用能力は53点と2点しか変わらないため、業界内での差はあまりないように見受けられました。これはやはり、日頃からパソコンを扱う仕事をしているためであり、パソコンに関しての専門的な技術とは関係なく、パソコンの最新の機能を使用しているからだと考えられます。

また、年配の方々よりも若い人の方が機械に強いという風に思われがちですが、ソフトウェア業界内ではどうなのでしょうか。ソフトウェア業界内の年代別の各ビジネス基礎力は以下の通りです。

graph 2

 

パソコンを扱うソフトウェア業界において、年代によって能力の差が著しくなることが予想されましたが、グラフに表れているとおり、全体的にどの年代も同程度の能力を保有していることがわかります。特にパソコン活用能力においては、20代の方々よりも50代の方々の方が少々上回っていました。このことから、ソフトウェア業界内においては年齢は関係がない事がわかります。毎日パソコンを扱っている仕事であるからこそ、年数を経て経験が蓄積されていくためとも考えられます。


次に、今後ソフトウェア業界において求められる人材は、どのようなものなのでしょうか。

graph 3

 

ビジネスパーソン全体と比較し、平均値の差が大きな能力として、上記3つの能力であると考えられます。前述のとおり、パソコン活用能力は優位になっています。しかし、ビジョン概念化能力と異文化適応能力は、ビジネスパーソン全体の平均をそれぞれ5点と6点ずつ下回る結果となってしまいました。ビジョン概念化能力とはビジョン(理想像や目的地)に辿りつくためにきちんとした道筋を立てる能力です。また、異文化適応能力の低さは今後の海外進出を図る際、ボトルネックになる可能性が大きいでしょう。今後ソフトウェア業界において、この2つの能力を高められる人材が求められるでしょう。


※データ標本数:ビジネスパーソン全体:8960 ソフトウェア業界:1399
※このデータは標本より抽出したものですので、あくまで参考値としてご覧ください。

------------------------------------------------

あなたの市場価値はどれぐらい?


テスト受検希望者はこちら


転職希望者必見!
MVAによる最適な転職支援サイト「日本人材銀行」はこちら


経営者・人材開発責任者の方へ
ミスマッチのない有能な人材をご紹介いたします
詳しくは
こちら




藤田 聰mvajnet at 15:17│コメント(0)トラックバック(0)
■Links■
企業変革創造
市場価値測定研究所
日本人材銀行
All About
留学協会
■記事検索■
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: