ビジョン

2017年12月12日

市場価値データバンク

 

市場価値データバンクは、15050万人以上の方が受検された市場価値測定テストのデータをもとに、日本経済新聞などの記事と紐付けして、業種・職種を越えて、企業の人材のビジネス能力をレポートしたものです。

                          

※市場価値測定テスト…市場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております。(各能力については100点満点)現在、簡易版を含め、MVAをご利用になられた方は50万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして、日本を代表するリーディングカンパニーを中心に高い評価を得ております。

 

MVAに関する説明はこちら

http://www.v-change.co.jp/mvajtest/index.html

 

----------------------------------------------------

 

今日のトピックは、

~数値から読み解く優秀な新卒学生の能力特性とは?~

 

----------------------------------------------------
 
 就活本気度測定のAIが進化
 

 
 ■1万のエントリーシート読み込みを効率化

 
 マイナビ(東京・千代田)と三菱総合研究所は18日、人材領域に特化したAIエンジン「HaRi(ハリ)」を開発し、新卒採用向けの新サービスを発表した。企業向けの新サービスではネット上にあるESの事例や過去のESのデータをAIが学習するなどして、他人を模倣しているESをあぶり出す。さらに本人が書いたESでも本当にその企業に行きたくて書いたのか、それとも本命企業向けのものを写したのか本気度を判断して、内定を出した場合に辞退する確率を出す「辞退者予測」機能も搭載する。50社程度の利用を見込む。

 両社は学生向けのサービスも展開する。学生の勤務地などの希望、自らの専門性やスキルといった情報を、企業の過去の採用実績や募集要件と突き合わせ、おすすめの企業を提案する仕組み。志望企業や業種が明確になっていない学生に参考にしてもらう狙いだ。

 両社は昨年10月、企業の過去の採用データをAIが学習し、ESから過去の採用者に近いかどうかを5つ星で評価するサービスを開始した。大手企業には通常、数千から1万を超えるESが届く。人海戦術による読み込みに手間がかかるうえ、読み手による評価のバラツキに頭を抱えていた。

両社のサービスは、大手のメーカーや商社、広告代理店など15社が実際に使ったという。ある企業で最終面接まで進んだ学生の割合を調べると、ESを人が読み込む従来選考に比べ、AIの判断を優先した選考の方が2倍だったという。別の企業は最終内定者の約9割がAIが星4つ以上の評価を出した学生だった。開発に関わった三菱総合研究所の山野高将主任研究員は「AIを活用すれば、企業は有望な人材により早くアプローチできる」と話す。
   
    (日本経済新聞 電子版 
719日 抜粋・編集)

 上記の記事から分かる通り、採用領域でAIが導入され始め、求職者の評価方法がアナログ評価からデジタル評価に移り変わろうとしています。大量のESを読み込まなければならない企業にとっては、採用コストを大幅に削減することができます。加えて、「ヒト」が評価したESよりも、「AI」が評価したESの通過者の方が最終内定者の数が多いということも記事では説明されています。

 
 今後の企業の採用活動では、このようなデータを用いたデジタルな評価で、採用を進めていくことが、売り手市場の中、効率よく優秀な人材を見出すことができる手段として主流になっていくでしょう。

 
 今回は、弊社が人事領域で用いるデータを基に、デジタル評価の一例をご紹介いたします。

 
 下図をご覧ください。

#topic276 素材① 
 こちらは、弊社が独自で開発した評価ツールにより、某
A社の社員のビジネス基礎能力(=仕事力、就職力)の平均とビジネスパーソンの平均を比較したものです。グラフより、全体的な能力がビジネス平均を下回っていることが分かります。


 このことから、社員の総合的な能力の開発が必要であることが分かります。
 それでは、どのようにして能力の開発を行なっていけばよいのでしょうか?

 
 下の図をご覧ください。

#Topic276 素材② 
 こちらは、「ビジネス基礎能力」と「ビジョン概念化能力」との相関関係を表したものです。グラフから分かる通り、この二つの指標には強い相関があります。したがって、先ほどの解決策として、能力開発のエンジンであるビジョン概念化能力を伸ばすことで、ビジネス基礎能力も向上していきます。中長期的なキャリア目標を掲げ、それに辿り着くための道筋を計画し行動に落とし込むことです。


 加えて、「ビジョン概念化能力」は新卒採用でも重要な採用軸になります。実務経験に乏しい学生を評価するときに、成果に直結するビジネス基礎能力を評価することはできます。ビジョンを描く力はその中でも中核に位置します。ビジョンの得点が高い学生は往々にしてビジネス基礎能力全体の得点も高い傾向にあります。

 
 弊社では、このようなビジョンを明確に持った優秀な学生を中心に採用支援を行っています。ご興味があれば、お気軽にお声掛け下さい。

 
※データ標本数:13219


※このデータは標本より一部を抽出したものです。あくまで参考値としてご覧ください。

 

(執筆者:白田)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

◆「金の卵」を獲得するためのベンチャー企業向け新卒採用支援プログラム
【金の卵プロジェクト】はこちらから
http://www.v-change.co.jp/kinnotamago/index.html

 

◆ビジョンを明確にし、市場価値を飛躍的に向上させる研修プログラム
Visionary Change Workshop(VCW)】はこちらから!
http://www.v-change.co.jp/vcw/index.html

 

◆あなたの市場性-能力レベル、性格タイプ、ストレス値、推定年収等をズバリ算定!
【市場価値測定テストの概要】はこちらからhttp://www.v-change.co.jp/mvajtest/index.html

 
◆日本を元気に!中小・ベンチャー企業向け社員力向上支援サービス
【人財開発研究所】はこちらから
http://www.v-change.co.jp/jinzai_kaihatsu/index.html

 

◆社長!こっそりご覧ください...
【社長力測定&CEOコーチング】はこちらから
http://www.v-change.co.jp/ceo/index.html

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)

2011年08月22日

市場価値データバンク

市場価値データバンクは、150社50万人以上の方が受検された
市場価値測定テスト(MVA)のデータをもとに、各業態・業種・
企業などの人材のビジネス能力をレポートしたものです。

※市場価値測定テスト
市 場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能 力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております(各能力については100点 満点)。現在、MVAをご利用になられた方は50万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして高い評価を得ております。
MVAに関する説明は
こちら

----------------------------------------------
今週のトピックは、
~若い世代はビジョンを描けるか?~
----------------------------------------------

政治・経済・社会が不安定な現代社会で、この先の日本を背負っていく若い世代は日本を明るい国へと導くことができるのでしょうか?今回は若い世代のリーダーシップの現状にスポットを当ててみましょう。

 最近リーダーに求められる資質として「ビジョン」の重要性を挙げています。我々だけでなく、多くの著書や講演などで「ビジョン」という言葉は使われるようになり重要性も強調されています。

 成長こそ唯一の解 ビル・グロス氏(米ピムコ最高投資責任者)

 債務危機をきっかけに、財政悪化を招いた政治の弱さが世界中で問われている。

政治家を選ぶ人々が、どんな政策がいいのかの意見を固められないでいる。不透明な経済が背景だ。世界景気が悪化しているのに財政を均衡させているのがいいのかどうか、専門家の間ですら意見が分かれている。

 こんなときに必要なのは、ビジョンを示して引っ張っていく指導者だ。米国だと大恐慌の1930年代にはルーズベルト大統領が、80年代にはレーガン大統領がいた。英国のサッチャー元首相にも指導力があった。

 日本も同じだ。日本の政治家といえば、慎重という印象がある。勇気を持ち、大胆な決断を下せるリーダーが必要だ。
 (813日日本経済新聞朝刊1面「新しい日本へ」より抜粋)

 ビジョンは心のエンジンです。ビジョンは個人・組織の「目指すべき理想像・目的地」です。組織やチームを導くにはリーダーになる人材が自らビジョンを描き、メンバーに示し共有しなければなりません。ビジョンなくして走ることは、暗闇の中でもがく事に等しいと言えるでしょう。

 では、次の時代の日本を背負っていく若い世代はビジョンを描く力を持っているのでしょうか?年代別にビジョン概念化能力の平均スコアを比較してみましょう。


年代別ビジョン目盛修正

 意外にも、
20代の受検者の平均スコアが最も高いという結果になりました。

このような結果になった原因を筆者なりに考察してみると、時代背景など育った時の環境が要因ではないかと考えられます。高度成長の時代では、「欧米に追いつけ追い越せ」という言葉があったように、豊かな欧米というわかりやすい目標がありました。この世代の人々はビジョンを自ら描くというよりも会社や国の目標が個人のビジョンと同化していたのではないでしょうか。一方で若い世代が育った環境は「先進国日本」としての環境でした。アメリカの最強神話は崩れ、バブルも崩壊し、人生の選択肢が多様化していく、いわば個人がビジョンを描く必要性に迫られながら育ってきたのかもしれません。

 しかし、若い人が皆ビジョンを描く力をもった人材というわけではありません。
 このサンプルは全ての日本人から抽出できているわけではありません。自分の能力を知りたい・伸ばしたいと思う人が受検してきたデータの蓄積なのです。つまり20代のうちから自分の市場価値を知り、それを伸ばしていこうという人はかなり意識の高い人です。

 さらに、年間の受検者総合スコアは毎年下降傾向にあります。若い世代の受検者が一部であるという点、全体として下がっているという点を考えると若い世代のビジョンを策定する能力は“二極分化”していると考えられます。

 弊社は「市場価値測定テスト」を用いた事業を行っています。より多くの若い世代にテストを普及させ、次世代の底上げにも貢献していきたいと考えております。

尚、サンプル数は各世代約
3000サンプルを無作為抽出しました。

※このデータは標本より抽出したものですので、あくまで参考値としてご覧ください。

------------------------------------------------

あなたの市場価値はどれぐらい?

テスト受検希望者はこちら


転職希望者必見!
MVAによる最適な転職支援サイト「日本人材銀行」はこちら


経営者・人材開発責任者の方へ
ミスマッチのない有能な人材をご紹介いたします

詳しくはこちら 




藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)
■Links■
企業変革創造
市場価値測定研究所
日本人材銀行
All About
留学協会
■記事検索■
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: