ブログ

2011年09月05日

市場価値データバンク

市場価値データバンクは、150社50万人以上の方が受検された
市場価値測定テスト(MVA)のデータをもとに、各業態・業種・
企業などの人材のビジネス能力をレポートしたものです。

※市場価値測定テスト
市 場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能 力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております(各能力については100点 満点)。現在、MVAをご利用になられた方は50万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして高い評価を得ております。
MVAに関する説明はこちら

----------------------------------------------
今週のトピックは、
~「ゆとり教育」がもたらす新卒社会人への影響とは~
----------------------------------------------
 大震災による内定取り消しや就職活動が長期化した2011年度の新卒採用も佳境に入り
ました。その一方で、企業側においても「ゆとり世代」と呼ばれる新人に対して研修をいかにして行うかで試行錯誤している姿も見受けられます。日本経済新聞では、ゆとり教育で育った世代に対する新人研修としての飛び込み営業研修について取り上げております。以下、その飛び込み営業の研修に対する日経新聞の記事となります。

 見知らぬ世界に飛び込む体験 ~力を引き出すヒントも~

 時代に逆行するような飛び込み営業研修には、新しい環境に飛び込もうとしない、教えられたことしかできないといった「ゆとり教育」世代の若者に共通する課題を解決し、力を引き出すためのヒントもある。
 「考える力や、他者と積極的に関わる力が弱い」。人材教育事業を手掛けるウィル・
シード(東京・渋谷)営業部の井上草哉部長は、ここ数年の新社会人の傾向をこう分析する。「個性を重視した教育を受けたため、自分の価値観や判断基準にしがみつきやすい」とも指摘する。
 そんなゆとり世代にとって、飛び込み営業研修は見知らぬ世界に飛び込む新しい体験
だ。井上氏は「新人時代はこれまでの価値観を一度壊す作業が必要。一つの手段として、飛び込み研修は有効だ」と評価する。(後略)
(日本経済新聞 8月22日 朝刊 13面 より)

 この記事によると、「ゆとり世代」の教育では個性を重視しすぎた結果、自分の価値
観でしか行動しなくなってしまい、そうした世代に対しての新たな価値観を与える研修としての飛び込み営業を評価しています。

 この「ゆとり教育」が実際のビジネスにおいて、どのような影響を与えているのか、弊社のMVAから検証してみたいと思います。

 まず、以下のグラフをご覧ください。
データバンク バリュー①
 このグラフはバリュー保有能力に対する「ゆとり世代」とビジネスパーソン全体の値を比較したものです。一見すると、ゆとり世代では全体平均よりもバリュー保有能力が高く、「自分の価値観に基づいている」ように見えます。

 次のグラフをご覧ください。
データバンク ビジネス基礎能力②
 このグラフは、同じ20代を対象として「ゆとり世代」とそれ以前の20代世代でのビジネス基礎能力(仕事力)を比較したものです。このグラフから、「ゆとり世代」によってビジネス基礎能力が低下していることが分かります。

同様にして、性格特性に関する「論理性」について比較してみたグラフが以下のものに

なります。
(性格特性に関する説明はこちら
データバンク 論理性③

 こちらのグラフでは、論理的に物事を捉える論理性が「ゆとり世代」の方が弱まっております。

 日経新聞での指摘の通り、「ゆとり世代」では「自分の価値観や判断基準にしがみつきやすく」バリュー保有能力は高い一方で、考える姿勢がそれ以前の世代と比較して低下しています。それはつまり、今の「ゆとり世代」では教えられたことしかしないため考える論理が弱くなっていると考えられます。そうした「指示待ち人間」の体質がビジネス基礎能力においても影響を与えているのではないでしょうか。

 多くの企業が「ゆとり教育」で育った新人に対してどのような研修をするか悩む中、自ら主体的になれる飛び込み営業が改めて見直されることになりそうです。


※「ゆとり世代」はこの場合、ゆとり教育が実質的に施行された2002年からの教育を受けた1987年生まれ以降の方を対象としています。
※このデータは標本より抽出したものですので、あくまで参考値としてご覧ください。
------------------------------------------------
あなたの市場価値はどれぐらい?
テスト受検希望者はこちら


転職希望者必見!
MVAによる最適な転職支援サイト「日本人材銀行」はこちら


経営者・人材開発責任者の方へ
ミスマッチのない有能な人材をご紹介いたします
詳しくはこちら



藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)

2010年04月01日

2010 / 4 /1

 本日、株式会社企業変革創造がスタートいたしました。2000年、前身である株式会社市場価値測定研究所を設立して10年が経過しましたが、この10年間の環境変化に順応する形で生まれ変わりました。現在は過渡期であり、価値観やパラダイムが大きく変わろうとしています。

 企業が勝ち残るためには環境変化を察知し、的確な舵取りをすることです。その戦略を実行するのは組織、人である以上、モチベーションの上がる組織・人づくりが何よりも重要です。やはり、「企業は人なり」です。

 企業変革創造のホームページの中に当Blogへの入口を設けております。ホームページでは思いついた際に更新することができないので、補完するツールとして、当Blogを位置づけています。記事やセミナー情報を中心に更新していく予定です。

 私やスタッフが執筆する記事が中心となります。当社は産声を上げたばかりですので、何もない状況です。よって、モチベーションが上がる提案であれば、何でも取り込んでいける土壌があります。この会社を「理想の組織への実験体」と考えています。当社での些細な実験をどんどん情報発信し、共感いただいた読者の方が所属組織での導入を試みていただければ嬉しい限りです。ここで記事化する実験とは、大きな制度改革よりも、日常での小さな改善活動レベルを中心に取り上げていきたいと思います。

 理想の組織とは個の目標と組織の目標とがシンクロナイズすることと考えます。個の成長と組織の成長とが同程度に実感できる組織は理想の組織でしょう。

 ご興味を持っていただけるような情報が発信できれば幸いです。

藤田 聰(S.F)



藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)
■Links■
企業変革創造
市場価値測定研究所
日本人材銀行
All About
留学協会
■記事検索■
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: