生産性

2018年01月09日

市場価値データバンク

 

市場価値データバンクは、15050万人以上の方が受検された市場価値測定テストのデータをもとに、日本経済新聞などの記事と紐付けして、業種・職種を越えて、企業の人材のビジネス能力をレポートしたものです。

                          

※市場価値測定テスト…市場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております。(各能力については100点満点)現在、簡易版を含め、MVAをご利用になられた方は50万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして、日本を代表するリーディングカンパニーを中心に高い評価を得ております。

 

MVAに関する説明はこちら

http://www.v-change.co.jp/mvajtest/index.html

 

----------------------------------------------------

 

今日のトピックは、

~データ分析を用いた社内の健康管理と組織生産性の向上~

 

----------------------------------------------------

 

埼玉の企業、8割が「健康経営」を認識 

 

 社員の健康管理で生産性を高める「健康経営」の考え方が埼玉県内の企業に浸透してきた。埼玉りそな産業経済振興財団(さいたま市)の調査で、健康経営について認識している企業が8割に上り、ほぼすべての企業が今後の対応に意欲を示した。人手不足が深刻化していることもあり、経営を支える人材への投資の重要性に改めて注目が集まっているもようだ。

健康経営は従業員の健康保持・増進にかかる経費を将来に向けた投資ととらえ、生産性や企業イメージの向上、組織の活性化に結びつけようとする考え方を指す。近年、大手企業を中心に取り組みが広がっていることから同財団が10月に県内969社を対象にしたアンケートを実施。243社から回答を得た。

 健康経営について「知っている」と答えた企業は45%、「聞いたことはあるが内容は知らない」が35%で、「聞いたことがない」は19%にとどまった。同財団は「健康経営という言葉自体は大半の企業に浸透しており、特に生産性の変化が見えやすい製造業で関心が高い」と分析する。

今後の取り組み方針について聞くと「積極的に実施したい」が45%、「現状程度で対応したい」が53%と、ほぼすべての企業で何らかの対応に意欲を示した。同財団は「健康経営が後ろ向きのコストではなく、生産性や企業イメージの向上につながるとの議論が世間で深まりつつあることの表れ」とみる。

 健康経営を巡っては経済産業省が積極的に取り組む企業を認定、公表する制度を創設するなど国が普及を後押ししている。県内でも全国健康保険協会(協会けんぽ)埼玉支部が普及に向けたセミナーを開いているほか、2016年からは企業に従業員の健康増進に積極的に取り組むことを表明してもらう「健康宣言」事業を推進。現在約60社が参加している。

  (日本経済新聞 電子版 1130日 抜粋・編集)

 上記の記事のように、社員の健康管理を将来への投資として位置付ける企業が増えてきています。その背景として、人手不足の深刻化により従業員一人一人に求められる生産性が高まっていることがあげられるでしょう。

 健康管理において、重要な要素の一つに「ストレス」があります。最近では、長時間の労働や休暇が取りにくい環境により、メンタル不全に陥る人が増えております。したがって、健康経営を行うためには社員のストレスを適切に把握することが必要だと言えます。

 まずはこちらをご覧ください。

Topic277 タイマネとストレスの相関

 こちらのグラフは、ビジネスパーソンのストレス値とタイムマネジメント能力の相関関係を表したものです。タイムマネジメントとは、物事を決められた時間の中で終わらせることができる時間管理のことで、生産性と密接な能力です。赤線(回帰直線)の通り、両者には強い相関関係があるようです。つまり、タイムマネジメント能力が高い人は肉体症状としてのストレス度が低く、低い人はストレス度が高い傾向があるということです。

 次に、弊社の市場価値測定テストのデータに基づくビジネスパーソンのストレス度分布を見てみましょう。

Topic277 ストレス度合い

 

 



 



 
 これは、受検者の現在のストレス度を最大
30点で算出し、その数値に応じてレベル分けをしているものです。05点が問題なし、610点が適度なストレス状態、1120点がストレス状態に陥りつつある状態、21点以上がすでに日常生活に支障をきたしているため専門医の治療が必要な数値になっています。

 上記グラフからも分かるように、20%以上の方が過度のストレスを抱えながら日々生活していると言えます。ストレスは、溜めすぎると体への影響はもちろん、心にも悪影響を及ぼします。

 健康経営を行うに当たって、このストレス値が11点以上の社員をいち早く把握し、対策を講じることが必要になってきます。キーワードは適材・適所の設計です。

 弊社の市場価値測定テストでは、能力レベル・性格タイプの観点から、適材・適所を設計していき、組織生産性を高めていく支援を行っています。

 皆さんも、データ分析を用いて社内の現状を把握し、組織生産性を高めてみてはいかがでしょうか?


※データ標本数:13219

※このデータは標本より一部を抽出したものです。あくまで参考値としてご覧ください。  

 

(執筆者:白田)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◆「金の卵」を獲得するためのベンチャー企業向け新卒採用支援プログラム

【金の卵プロジェクト】はこちらから

http://www.v-change.co.jp/kinnotamago/index.html

 

◆ビジョンを明確にし、市場価値を飛躍的に向上させる研修プログラム

Visionary Change WorkshopVCW】はこちらから!

http://www.v-change.co.jp/vcw/index.html

 

◆あなたの市場性-能力レベル、性格タイプ、ストレス値、推定年収等をズバリ算定!

【市場価値測定テストの概要】はこちらからhttp://www.v-change.co.jp/mvajtest/index.html

 

◆日本を元気に!中小・ベンチャー企業向け社員力向上支援サービス

【人財開発研究所】はこちらから

http://www.v-change.co.jp/jinzai_kaihatsu/index.html

 

◆社長!こっそりご覧ください...

【社長力測定&CEOコーチング】はこちらから

http://www.v-change.co.jp/ceo/index.html

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)

2011年08月29日

市場価値データバンク

市場価値データバンクは、150社50万人以上の方が受検された
市場価値測定テスト(MVA)のデータをもとに、各業態・業種・
企業などの人材のビジネス能力をレポートしたものです。

※市場価値測定テスト
市 場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能 力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております(各能力については100点 満点)。現在、MVAをご利用になられた方は50万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして高い評価を得ております。
MVAに関する説明は
こちら

----------------------------------------------
今週のトピックは、
~省エネ勤務で求められる“無駄のない”働き方~
----------------------------------------------

今夏は節電に向けた対策として多くの企業がサマータイム制や在宅勤務を導入するなど、働く環境が大きく変化しています。働き方が多様化してきている現代において、私たち一人一人に求められる理想の働き方とはどのようなものなのでしょうか。


東日本大震災後の電力不足の影響で多くの企業が求められた省エネ勤務。それでも能率は落とせない。(中略)日本能率協会総合研究所の主幹研究員、広田薫(49)は「高い経済成長が見込めない今、節電を機会に無駄のない働き方を定着させる必要がある」と指摘する。スマートな働き方の実現が競争力の源になる。

823日 日本経済新聞朝刊1面「しごと再考」より抜粋)


“無駄のない”働き方を実現するためには、限られた労働時間の中でいかに生産性の高い仕事ができるか、といったいわゆる「タイムマネジメント能力」がカギとなります。

「タイムマネジメント能力」を高めるためには、

①同じ時間内に、より多くの仕事をする

②同じ時間内に、より付加価値の高い仕事をする

という2つの取り組み方があります。

これら両方の実現が理想ですが、特に②が市場価値を高めるためにも重要となります。では、これらに直結する能力とは何なのか、弊社が提唱する「セブンレイヤーズモデル」より考えてみました。

※「セブンレイヤーズモデル」とは、人間資本が7段階の階層構造を成す13の能力によって構成されると考え、モデル化したものです。

①同じ時間内に、より多くの仕事をする

これを実現するためには、作業スピードを短縮する「情報収集能力」と「パソコン活用能力」が必要です。


企業活動においては、ヒトから情報が生まれ、その情報が商品やサービスに転化して価値を生みます。ですから、情報を集める力はビジネスパーソンの価値創造の第一歩です。

ただし、情報はただやみくもに集めればいいというものではありません。情報が氾濫する現代では、必要としない情報は思い切って捨て、有用な情報を見極め取捨選択することが重要となります。そのためには、自分に必要な情報は何なのかを的確に把握できるようになること、自分なりの情報収集法を確立することを目標としましょう。

そして、パソコンはもはや仕事をするうえで欠かせないものです。文書作成や表計算、プレゼンテーション、メール、インターネットといった基本的なツールを使いこなせるようになるだけでも、大幅な時間短縮が期待できます。コミュニケーションツールとして上記の情報収集にもつながる能力ですので、苦手意識を持っている方も敬遠せず積極的にパソコンに触れていきましょう。


②同じ時間内に、より付加価値の高い仕事をする

これを実現する、すなわち付加価値を判断するためには、意思決定を行う「パーソナルバリュー保有能力」、それをイメージする「ビジョン策定能力」、そして実行する「ストラテジー策定能力」が必要となります。


何を行い、何を行わないかを決める力となるのが「パーソナルバリュー保有能力」です。重大局面で意思決定をするために必要となり、昇進して責任や権限が大きくなればなるほどより求められます。若いうちにさまざまな経験をして、自分の価値観を磨いておくことが大切です。

そして、この判断を行動による成功している自分をイメージする力が「ビジョン策定能力」です。イメージをできるだけ具体的に描くことで、より行動にうつしやすくなります。価値観を基に、目的や目標を明確にイメージするよう心がけましょう。

最後に、判断を実行するのに必要となるのが「ストラテジー策定能力」です。“何を・どこで・どう使うのか”を最終的な目標から逆算して計画し、実行することで成功イメージを実現させることができます。常に分析的な視点を持ち、自分の力が最大限に発揮できる環境を知っておきましょう。



時間当たりの生産性を高めるためにはマインドとスキルの両面から自己を見つめ直す必要があります。節電をきっかけにして、上記の改善策を参考に労働パフォーマンスの向上を心がけてみてはいかがでしょうか。

------------------------------------------------

あなたの市場価値はどれぐらい?

テスト受検希望者はこちら


転職希望者必見!
MVAによる最適な転職支援サイト「日本人材銀行」はこちら


経営者・人材開発責任者の方へ
ミスマッチのない有能な人材をご紹介いたします

詳しくはこちら 

 


セブンレイヤーズ

 

 



藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)
■Links■
企業変革創造
市場価値測定研究所
日本人材銀行
All About
留学協会
■記事検索■
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: