生産性

2010年09月02日

前号#003の「アイデア・シナジー」の導入により、弊社では社員一人一人の持つアイデアを他メンバーと共有できるようになりました。さらにプロジェクトの生産性を上げるために、新たな取り組み「クロスレビュー」を始めました。

 

それは「提案書・プレゼン資料など、発表物8割型仕上がった時点で、他メンバー2人以上に見せ、レビューを求める」というものです。差し迫った仕事がある時以外、その日に出勤している社員は全員集まり、上司のレビューを控えた社員の提案書やプレゼン資料を事前チェックし、忌憚のない意見を述べます。

 

この「クロスレビュー」には、2つの重要なポイントがあります。

 

(1)なぜ「8割仕上がった時点」なのか?

「仕事の2:8の法則」として「最初の8割が2割、後の2割の詰めが8割の効果を上げる」というものがあります。クロスレビューでは、まさにその8割の効果を上げる最後の2割を作り上げる前に、他者の視点からチェックが入ります。まだ資料が5割ほどの完成度で、中途半端で具体的アドバイスができない段階でもなく、完成してしまって修正のしようがない段階でもない、ちょうど良い段階なのです。なお、「8割」は量的な問題ではなく、本人が「だいたいできあがったかな」と感じた時点を基準としています。

 

(2)なぜ「他社員2人以上」なのか?

途中経過をチェックしてもらうことが重要なのはわかったが、別に他社員に見せなくとも、プロジェクトの上司だけに見せればそれでいいじゃないか、と思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、上司と社員の一対一だと、知らず知らずのうちにお互いの「暗黙の了解」ができてしまい、重要な点が見落とされてしまう危険性があります。2人以上の社員からチェックされることにより、多様な視点を得ることができ、多くの人に理解され、支持される提案が作れるのです。

 

また、この「クロスレビュー」には、3つのメリットがあります。

 
(1)時間コストの削減

他の人から多くの視点を取り入れることによって、プレゼンがより精緻で、説得力のあるものに仕上がります。また細かなモレやミスもチェックできるため、資料の精度が上がります。


(2)尻込み防止・イメージ共有の促進

せっかくよいアイデアを思いついたとしても、「このアイデアはどうせ上司に却下されてしまうだろう、提案するだけ無駄だ」と尻込みすることはありませんか。クロスレビューでは、相手は自分と同じ職位。気にせずにアイデアを出すことができます。一見するとくすんでいるアイデアの原石が、他者によって磨かれ、大きな成果を生むことができるのです。


(3)プロジェクトスタートの円滑化

もし社員が提案したものがプロジェクトされた場合、そのプロジェクトが「どのような経緯で作られていたのか」「途中経過はどうだったのか」を他社員も前もって把握することができます。根本を知っているため、プロジェクトを実際に導入する際に、社員の「巻き込み力」を強化することができます。

 

どんな仕事も、複数人から、途中のフェーズでチェックが入ることにより、結果的に生産性が上がるのです。

(リサーチャー CM



藤田 聰mvajnet at 18:12│コメント(0)トラックバック(0)

2010年05月18日

企業組織において、理念やビジョンが末端の社員まで行き届いていることが重要です。何を目的に行動しているのかが統一されていなければ、組織と個人のベクトルが不一致を起こし、無駄な浪費や生産性を下げるといった事に繋がり兼ねません。

それらを達成するためには、どういった行動を行えば達成に近づけるのかを行動憲章で示す事、それらを行う事にどのような意味があるのかを明確に示し認知させなければ、行動が促されることがないためにとても重要な事です。

そこで今回は、弊社における行動憲章のいくつか紹介し、その意味も合わせて解説していきたいと思います。

まずは、弊社の行動憲章の3、『瞬間(いま)を生きよ!』です。常に時間を意識して目標を立てて取り組む事により、時間当たりの生産性を上げることができます。更には、時間ではなく瞬間にまで意識を落とし込む事により、もっと高い生産性を上げること事が可能となるのです。

次に、行動憲章の4、「感じて、即行動せよ!」についてですが、業務を遂行する際、弊社ではThink(考える)よりもFeel(感じる)、五感を駆使してそれらに取り組ませる事を意識させています。これらから個々人の感性に基づいた多様性のある戦略が生まれ、組織にとって、1つ1つの提案自体が財産になるのです。

最後に、行動憲章の6、「感動を与えよ!」ですが、依頼主に感動を与えるためには、依頼主の事前期待を上回らなければなりません。更に、期待を越えたアウトプットを生み出すことができれば、強固な信頼関係を構築することに繋がります。依頼主の声に常に耳を傾け、ピンポイントで解決策を提示することです。

弊社では、行動憲章を毎日出社時に一人一人が唱えています。また、これらを個々人に意識して行わせるためには、リーダーたる者が、先んじて行い、示す必要性があると考えています。スタッフに対しフィードバックを行う際にも、これらの行動憲章に則って業務を遂行したかを問い、過程においても常に意識させるようにしています。

「7つの行動憲章」
http://www.v-change.co.jp/about/philosophy/
(リサーチャー H・K)



藤田 聰mvajnet at 18:48│コメント(0)トラックバック(0)
■Links■
企業変革創造
市場価値測定研究所
日本人材銀行
All About
留学協会
■記事検索■
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: