若者

2011年07月25日

市場価値データバンク

市場価値データバンクは、150社50万人以上の方が受検された
市場価値測定テスト(MVA)のデータをもとに、各業態・業種・
企業などの人材のビジネス能力をレポートしたものです。

※市場価値測定テスト
市 場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能 力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております(各能力については100点 満点)。現在、MVAをご利用になられた方は50万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして高い評価を得ております。
MVAに関する説明は
こちら

----------------------------------------------
今週のトピックは、
~中高年労働者の必要性~
----------------------------------------------

 従来の年功序列制は薄れ能力主義が強まっている現代、若い人でも能力があれば出世できるようになりました。このように組織がよりフラットに変化していく中、中高年は若手に負けず生き残っていく努力を強いられています。ただし、中高年ならではのスキルの重要性も明らかになっています。

 加齢により能力が落ちるかどうかに関する多くの先行研究によれば、「低下しない」あるいは「上昇する」というものが多い。もちろん筋力や体力は落ちるが、対応力や判断力、そして一般的に技術や技能の熟練については「上昇」あるいは「上昇後一定」とする調査が多い。(中略)中長期的に全体としては労働力人口が急激に減少するので、企業が競争力を向上できるか否かは、中高年のスキルを若者に継承する仕組みを今以上に確立し、人材を育成し定着させられるかにかかっている。
(日本経済新聞 7月19日朝刊25面より)

 中高年に特徴的なスキルとは、具体的にどういったものなのでしょうか?そこで今回は、一般的に「中高年」と呼ばれる40歳以上とそれ以下とで能力・性格特性を比較してみました。


データバンク中高年1

 グラフより、「リーダーシップ能力」「マネジメント能力」「タイムマネジメント能力」において、若年者より中高年者のほうが高い数値が出ています。これらは後天的能力であり、環境や経験により高くなったり低くなったりするものです。「年の功」がものをいう能力でもあり、年を重ね多くの経験を積んでいる中高年の強みであると言えます。

 また、性格特性の違いをみると以下のようになりました。

データバンク中高年2

 中高年に特徴的なのは、「指導性」「論理性」の高さです。若者はまだ人生経験が浅く、垂直思考をしがちなため感覚的に判断することが多い一方で、中高年は豊富な人生経験からイマジネーションを働かせることで水平思考が可能です。さまざまな選択肢を想定したうえで最善の判断を下し、より論理的に結論を導くことができるのです。

 経験による対応力や判断力、さらには人脈といったものは、中高年にしかありません。これらを武器にすれば、今後より能力主義が強まっていく社会の中で生き残っていくことができるでしょう。また企業側も、こういった違いを把握したうえで社員の配置や仕事の不振り分けを行うなど、若者と中高年の最適構成をはかっていくことが重要です。

標本数
中高年:3530 若者:5316
※このデータは標本より抽出したものですので、あくまで参考値としてご覧ください。
------------------------------------------------
あなたの市場価値はどれぐらい?
テスト受検希望者はこちら


転職希望者必見!
MVAによる最適な転職支援サイト「日本人材銀行」はこちら


経営者・人材開発責任者の方へ
ミスマッチのない有能な人材をご紹介いたします
詳しくはこちら



藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)

2011年05月30日

市場価値データバンク

市場価値データバンクは、150社50万人以上の方が受検された
市場価値測定テスト(MVA)のデータをもとに、各業態・業種・
企業などの人材のビジネス能力をレポートしたものです。


※市場価値測定テスト
市場価値測定テスト(MVA)とは、独自に開発したセブンレイヤーズモデルに基づいて、ビジネスパーソンの保有するコンピュータースキル、リーダーシップ能力や性格、適性、体力等の潜在的能力を客観的かつ科学的に数値化するためのテストで、1000点満点のテストとなっております(各能力については100点満点)。現在、MVAをご利用になられた方は50万人を超え、信頼性の高い人材評価プログラムとして高い評価を得ております。
MVAに関する説明は
こちら

----------------------------------------------

今週のトピックは、

~外国人が増える中、日本人若年層の課題とは?~

----------------------------------------------


企業は今、急速に人材のグローバル化を進めています。日本本社においても外国人の人材を新卒から採用する動きが顕著になってきています。

今回は、外国人がどんどん日本に進出してくる中、日本の若者が仕事をする上での課題を弊社保有のデータから考えてみたいと思います。


日本山村硝子 管理部門に新卒外国人

ガラス瓶大手の日本山村硝子は今春、本社の管理部門に新卒の外国人を登用した。現地法人単位や技術職での採用はしてきたが、最初から人事部や経理部などに配属するのは初めてという。(中略)海外戦略を担える人材を若い段階から育成し、将来の事業拡大に布石を打つ。

2011516日日本経済新聞13面より抜粋)


これまで外国人の採用は現地法人において行われるのが主でしたが、今後は新卒から日本で活躍する人材が増えていくでしょう。

企業の人事部は外国人を高く評価しており、日本人学生や若い従業員の活躍の場が狭くなっていくことが考えられます。

そこで、若い日本人が外国人と渡り合っていく為に必要な課題を弊社が展開している測定データから考えてみたいと思います。

 


まず、若い人を20~30代と定義します。

この層のビジネス基礎力を見ていくと、語学力等一般的に言われている課題とは別のものが浮かび上がってきます。

 


以前、異文化適応能力が平均値として低く、標準偏差が高いことは触れました。

今回は別の項目を見ていきます。以下の二つのグラフをご覧ください。


ポイントは「平均点が低い」かつ「標準偏差も低い」という点です。

 


パソコン活用能力のように平均点が低くても標準偏差が高い項目は「出来る人とできない人の差が大きい」ということです。

つまり出来る人を見習ったり、その人から教わることで能力を高めるチャンスがあるということです。

 


しかし、ストラテジー策定能力とタイムマネジメント能力は標準偏差も低い。極端に言うと「皆ができていない」状態です。

 


ストラテジー策定能力、タイムマネジメント能力共にビジネスにおいて非常に重要な能力です。

 


これから国内においても外国人と渡り合っていかなければならない状況では、「周りもできないからいい」ではなく、本気で能力を高めていく意識が必要になるでしょう。

 



※データ標本数:

全体:8981 若い人(20代・30代):4351

※このデータは標本より抽出したものですので、あくまで参考値としてご覧ください。


------------------------------------------------
あなたの市場価値はどれぐらい?
テスト受検希望者はこちら


転職希望者必見!
MVAによる最適な転職支援サイト「日本人材銀行」はこちら


経営者・人材開発責任者の方へ
ミスマッチのない有能な人材をご紹介いたします
詳しくはこちら


 

 平均
標準偏差

注目したい点はストラテジー策定能力とタイムマネジメント能力です。

 

 

 



藤田 聰mvajnet at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)
■Links■
企業変革創造
市場価値測定研究所
日本人材銀行
All About
留学協会
■記事検索■
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: